【17戦目】マガジン×ビート表紙対決!

【17戦目】マガジン×ビート表紙対決!


 

本日発売!

 


ボクシングマガジン 2018年 04 月号 [雑誌]
BOXING BEAT(ボクシング・ビート)(2018年4月号)

 

 

これまでの戦績

マガジン 4102

ビート   1042

 

 

先月はマガジン勝利で勝敗差を縮めた。連勝なるか?!

試合開始!

 

 

 

1R  誰が表紙か?

 

両誌ともに

山中慎介

今月の日本のボクシングの話題はネリ山中だもんね。。被るのも仕方ないですかな。判定は10-10と思いきや、、マガジンの山中の横に田中繊大さん発見!センダイパーンチ!! 

 

マガジン  10-9

 

 

 

2R  意外性

 

思ったとおり。かえって山中以外だったら意外性はあるけどKO負けにしてたかも。

 

 10-10

 

 

 

3R  キャッチコピー

 

マガジンルイス・ネリx山中慎介 [裏切りのリマッチ]

ビートなんという結末・・・ 名王者涙の退場 山中慎介

 

先月のビートが「ビッグ」でトシちゃんを、今月はマガジン「リマッチ」で近藤真彦マッチでーーす!を連想させる。来月は「よっちゃん野村義男」争奪戦だ。たのきんトリオ。笑。判定はビートの名王者涙の退場を取る。写真とのマッチングが上だと思う。

 

ビート 10-9

 

 

 

4R  ヘッダー

 

マガジンリングの正義は破られた…山中慎介、失意の引退

ビート「ボクシングを守れ!」ネリの体重超過が投じた一石

 

 

どちらも問題提起はしている。各誌の意見・改善案が本文で書かれているのを期待する。このラウンドの勝敗は本文で踏み込んでいる方が勝ちだろう。

 

10-10

 

 

 

5R  表情

 

マガジンやまなかーーーーー涙

ビートしんすけーーーーー涙

 

 

涙涙。。どっちがグッときたか?リングを降りてすぐのビートの方が悲しさ切なさ寂しさがよみがえる。。マガジンは時間超過したね。。

 

ビート 10-9

 

 

 

ここまでビートが1ポイントリード、

最終ラウンド逆転あるか?!

 

 

 

6R レイアウト

 

マガジン通路の人だかりをバックにロゴ以外は白文字。山中大きめ。顔の横のカメラのレンズが違和感。

ビート黒バックに客席も写り込む。ロゴ以外は白文字、真っ暗な会場に白文字がクッキリ。さらに山中のガウンの赤とロゴの色を合わせるテクニック。

 

 

マガジンの方が表情はハッキリと見えるんだけど他にも目が行くのに比べ、ビートの方が人はいっぱい写っているんだけど山中一点に目が行く。さらにゴッドレフトの力ない感じから最後を連想させる。。遠くに非常灯がほんのりも物悲しさを感じますね。。会場で感じた、やるせなさを表現している。

 

ビート 10-9

  

 

試合終了!

 

 

59-57

ビートの勝ち

 

 

こんな悲しい表紙対決は初めてだな。。

 

 

中身のジャッジは各自で。

 

 

 クソバカネリの罪は重い。。

杉浦大介さんの記事。なぜ体重超過されても試合をキャンセルしない・出来ないかなどボクシング界の現状と、現実的な対策案が書かれています。

山中×ネリ戦の教訓。ふざけた体重超過ボクサーを、どう懲らしめるか

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/fight/2018/03/14/___split_5/

 

 

 

興行からスポーツへ。これを機に本当にボクシング界に変わって欲しいです。

【17戦目】マガジン×ビート表紙対決!” への4件のフィードバック

  1. マガジンは
    ルイス・ネリ の配置バランスと
    大きく載せているのも印象良くないなぁ
    私もビートの勝ちです。

    1. 山中の身体に被せたくないけど、文字も大きくしたかったのでしょうね。
      いまのところビートの2-0判定勝ちですね!

  2. どもでーす。
    私、写真を趣味にしているので今回はビートの圧勝です。
    ファンの心にしみる、いい写真だと思います。
    今年の報道写真大賞の候補と言ってもいいでしょう。
    そんな賞があるかは知りませんが(^^;

    1. いつもありがとうございます。
      写真のテクニック的にもビートの方が良いのですね。
      報道写真大賞ってありそうですねー。笑
      いまのところビートの3-0判定勝ちです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です