噛ませタイ人と試合する意味ってあるのかなぁ


近頃よく見かける噛ませタイ人との試合。最近では噛ませインドネシア人も多いな。噛ませフィリピン人…いやフィリピンは怖いか。

鳴り物入りのルーキーやハードパンチャーなどはマッチメイクが難しく、日本人ボクサーと交渉して軒並み断られるという事もよく聞く話。また前戦で負けていてブランク明け、次に大きな試合が決まって間隔空けたくない等の事情はあるでしょうが…。
 
 
 
 
しかし、噛ませタイ人のかすっただけで倒れる姿や嫌倒れを見るとゲンナリします。酷いのになると悶絶して倒れたのに普通に歩いてリング降りてくことも。。例えばランカークラスが噛ませとやるくらいなら、日本人のノーランカーと戦った方が実力差はあるものの、相手がガムシャラに勝ちに来るだけで勝負勘が鈍らなくて良いのでは。ここで負けたらとかケガしたらとかリスクばかり考えちゃう選手は次の大きな試合で勝てないような気がするし。
もしも応援してるボクサーが明らかに噛ませタイ人と試合が決まったら、、観に行かないかも…。ふた回りくらい小さい相手を豪快に倒してガッツポーズとかされたら引いちゃいそうですし。。倒しきれないで判定とか見せられたらファンやめちゃうかも…。
選手は噛ませ相手とはいえハードな練習と減量をして試合に臨むわけで、それがスパーリングよりもスンナリと、汗かく前に相手が倒れてしまったら…倒したのにモヤモヤしそうです。。試合が終わったら、また3、4ヶ月間が空くわけで。噛ませと組んだ時点で次の試合の交渉しておいて欲しい。
極稀に番狂わせもある。日曜日には大橋ジムのホープ  松本亮 選手が噛ませ犬と思われていたメキシカンにKO負け…。体調が悪かったらしいが。もったいない。。やはりタイミング良く燃える試合を組んであげないと、バランスが崩れるのかな。マッチメイクって本当に難しい。
 
 
 
 
 
いろいろと勝手なことを書いたけど、全試合どっちが勝つか分からないシビれる試合が観たいのです。ファンとはワガママなものですわ。実際に真剣勝負をする選手は決まった相手と全力で戦うだけだから、大変だと思うし尊敬しています。
あっ、もし私がボクサーだったら?
噛ませタイ人相手に10戦10勝10KOで、幻想を持たせて引退しますよべーっだ!
あばよ!
{F26D771A-2240-45B6-9E6C-A65F9FA08B33:01}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です