12/30→12/31のボクシングをハシゴするプランを考えた

12/30→12/31のボクシングをハシゴするプランを考えた

御無沙汰です。

年末ボクシングの12/30と12/31を連チャンする方法を探ってて忙しかったのです。今年は東京→マカオなので、例年の東京→関西より難易度高いよね。そこで過去に半年間で3回、マカオにボクシング観戦した私がルートを探ってみましたよ。

 

まずは時間の把握だ。

12/30

大田区総合体育館 FUJIBOXING トリプル世界戦

放送時間は19:00~21:00(延長あり)

https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/181214-i511.html

 

 

12/31  マカオ Wynn Hotel  トリプル世界戦

ヘッキー・ブドラー×京口紘人が17:00生中継(関東ローカル)

http://www.tbs.co.jp/sports/boxing/match20181231/

 

18:00〜23:45

SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ

http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201812101216.html

SASUKE生中継なんだってね!ミスターサスケの山田に注目。ボクシングの時間は未定だが、20時またぎで井岡×ニエテスと予想だが、京口の試合が見たいならば、マカオの会場に12/31の現地時間16:00には入らないといけないということだ。マカオと日本の時差は1時間だからね。

 

 

一番良いのはマカオ直行便だけど、、成田空港からしかない。しかも時間は15:30発のみ。はい、消えた!

となると、香港経由しかない。香港なら羽田からいっぱい便があるし、蒲田から近い。

 

 

大田区総合体育館のある蒲田から羽田空港は…

電車で16分 340円

タクシーだと約9km 2,650円くらい

(NAVITIME調べ)

 

羽田から香港の時刻表を調べると、、

23:45発 翌4:15着 香港エクスプレス

https://booking.hkexpress.com/ja-JP/select/

これならFUJIBOXING終わったあと、軽く一杯飲んでから空港向かっても間に合いそう。本格的に飲みたい人は早朝発でも良いでしょう。香港空港からマカオは、少し前まではフェリーで渡るしかなく、かなり面倒だったんだけど、、今年の10月に「港珠澳大橋」という快適なものが開通になって、シャトルバスで移動できますよー!なんと香港空港からマカオまで30分くらいで料金は1000円くらいだって!!フェリーより所要時間も料金も1/3くらい。24時間、5〜30分間隔で運行だって!これなら香港経由でも全然苦にならなそうだ。

 

 

ホテルに着いたらチケットだ。しかし、販売サイトがどこにも見当たらない。現地で買えるかも怪しいから事前にホテルに確認を→https://www.wynnmacau.com/jp/contact-us

もしくは京口のワタナベジム、坂本の六島ジム、井岡のパチンコサンキョーに問い合わせてみると良いかと。坂本って入力すると「キャン」が予測ワードに出てくるのは何故だ…。

 

 

 

冒頭に半年間で3回って書きましたが、、2013-11-24パッキャオ×リオス、2014-2-22下田×ソンソナ、2014-5-31ドネア×ベチェカと4年前の話なので、あまりあてにしない方がいいかもです〜。笑

 

 

デラるるぶ終わり。今回もテキトーな情報でしたな。ハシゴする猛者はどれくらいいるんだろうなー。羨ましいー。私は書いてて行った気分になったので、当日は家族とテレビでゆっくり観戦しますわ。さよならー

12/30→12/31のボクシングをハシゴするプランを考えた” への2件のフィードバック

  1. 京口の試合  関東だけでなく TBS系列の結構な地域の放送が決まったようです
    田舎のこちらでも視聴になりました

    大晦日はエキシとはいえ さいたまアリーナのメイ対那須川も楽しみですね

    1. それはグッドニュースですね!京口も俄然燃えそうです!!

      メイ×天心は、あの体重差で8オンス…ケガなく終わればいいなぁと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です