【14戦目】マガジン x ビート表紙対決

【14戦目】マガジン x ビート表紙対決

本日発売!

 

 

 

 

 

 

ボクシングマガジン 2018年 01 月号

BOXING BEAT(ボクシング・ビート) 2018年 01 月号

 

 

これまでの戦績は

マガジン 3勝8敗2分
ビート    8勝3敗2分

 

 

ファイト!

 

 

1R 誰が表紙か?

マガジン 井上尚弥

ビート 尾川堅一

 

今月は分かれてて良いね!2018年への意欲を感じるモンスター。対するは36年ぶりに海外で世界王座を奪取したパンサー。大偉業達成おめでとうポイント!!

 

ビート 10-9

 

 

 

2R 意外性

普通に考えると井上尚弥かなと思っていたので、マガジンは予想通り、ビートの尾川は意外性アリでした!

ギリギリまで我慢したビートの意気込みを買って、、

 

ビート 10-9

 

3R キャッチコピー

マガジン→井上尚弥 [時代を創る]

ビート→尾川殊勲 ラスベガスで世界奪取

 

ビートは「尾川堅一」とフルネームの方が良かったかな。それと「世界奪取!!」みたいにビックリマーク2つくらいは欲しかったよね。笑。マガジンの「時代を創る」は王道だなぁ。ビートが仕留めにかかるも、マガジンがジャブで立て直す。

 

マガジン 10-9

4R ヘッダー

マガジン 12.30-31 年末5大世界戦完全プレビュー

ビート トリニダードからゴロフキンまで ミドル級「もしも」のストーリー

 

これまた王道のマガジンに、ティト&GGGのハードパンチ企画で襲いかかるビート!

GGGのカチカチのジャブからのティトのしなる左フックが炸裂!ダウン!!これは文句なしでビートですな。興味をそそられる。読みたい!

 

ビート 10-8

 

5R レイアウト

マガジン 井上の上半身。縦書き。白をバックにヘッダーの赤以外は金色文字で統一。スッキリ見やすい。

ビート 試合写真デカめ。横書き。赤のバックに黄色と白文字。クッキリ。しかし写真が大きい分、文字が下にギュウギュウな感じが。

 

マガジン 10-9

 

 

 

6R 表情

マガジン 時代を創るべく真剣な表情のモンスター。ただ、、ちょっと顔色悪いような。。なので力感を感じないというか。。本で見たら違うのかも知れないけど…。

ビート しっかりファーマーを見据えてる。ただ横顔なのがもったいないのと、ファーマーがしっかりパンチ見てる表情にも目がいってしまうけど、顔色は良いので、、

 

ビート 10-9

 

 

カンカンカン!

 

58-55

 

今月はビートの判定勝ち!!

 

 

 

内容は各自で採点してください↓↓

 

 

 

最後に、、今月のデラボクシングの表紙 ↓

ビートがこれを表紙にしてたら、マガジンのこと失神KO出来たのにー!!

 

では、また!

【14戦目】マガジン x ビート表紙対決” への2件のフィードバック

  1. アメーバ時代に楽しみだった企画、久々に見ました。
    相変わらずのビートびいきで。
    印刷では一層尚哉選手の顔色悪いです(笑)

    1. コメントありがとうございます!
      勝敗差を縮めて欲しくて、マガジンびいきでジャッジしたんですが、、とにかく顔色が。。雑誌現物を確認したら肌色も悪かったですよね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です