【15戦目】マガジンxビート 表紙対決

【15戦目】マガジンxビート 表紙対決


本日発売!


ボクシングマガジン 2018年 02 月号 [雑誌]

BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2018年2月号)

 

これまでの戦績

マガジン 3勝9敗2分

ビート     9勝3敗2分

 

ビートが二桁に乗せるか、マガジンの巻き返しなるか。

ゴング!

 

 

1R  誰が表紙か?

両誌とも

井上尚弥

どちらかに田口良一統一王者で勝負して欲しかったが。試合のインパクト、知名度、スター性、将来性、、被るのも仕方ないですかな。

 

10-10

 

 

 

2R  意外性

思ったとおり。

 

10-10

 

 

 

3R  キャッチコピー

マガジン→井上尚弥「牙を剥く拳」

ビート→井上 進撃する怪物 V7でバンタム級へ

 

バンタム級へ進撃する感じが新年に相応しいかな。

 

ビート 10-9

 

 

 

4R  ヘッダー

マガジン→年末五大世界戦  井上・拳四朗・田口・京口・木村が防衛!

ビート→「軽量級王国・日本」フライ級以下で作成したランキングはこんなに充実

 

これはビートの方が断然読みたくなるね!

 

ビート 10-9

 

 

 

5R  表情

マガジン→パンチを打ち込むモンスターの迫力ある表情

ビート→ボワイヨのナイスリアクションに目が行っちゃうなぁ。減点1。笑

マガジン 10-8

 

ここまで互角、最終ラウンド勝負だ!!

 

 

 

6R レイアウト

マガジン→黒バックに赤文字。横書き。文字少なめ。右ストレート打ち込んだ直後。

ビート→白バックに水色。横書き。真ん中に縦文字。左ボデーを打ち込んで倒れる寸前。

 

写真の迫力はマガジンの方がある。でもフィニッシュブローは左ボデーだったしなぁ。縦文字の一撃と全体の明るさを取って、、

 

ビート 10-9 

 

 

試合終了!

58-57

ビートの勝ち!!

 

 

ラテン系の私には、少しマガジンは暗めの印象がマイナスだったかも。笑

 

 

中身のジャッジは各自で!

 

 

最後に、新年一発目のデラボクシングを。

 

 

えい!

センス溢れてもうてん。笑

 

 

では、またー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です