今週のボクシング注目カード(11/25-12/1) テテ×カシメロ

今週のボクシング注目カード(11/25-12/1) テテ×カシメロ

今週は国内は興行なし。

 

 

 

11/27  パナマ

アンセルモ・モレノ×ルイス・ニーノ

チェミートまだ現役だったのねー。てっきり酒ばかり飲んでると思ってたよ。この写真ホント好き。

勝って祝杯だ!

 

 

 

11/30  台湾

杉田ダイスケ×エディソン・ベルウェラ

WBAアジア・スーパーバンタム級タイトルマッチ。ろくでなしブルースの口元でおなじみポリスボクサー杉田の相手は18勝(6KO)42敗8分、36歳のフィリーピーノ。キャリアのある選手と海外で戦い経験値アップですな。

 

田村亮一×モエンサク・ヨル

OPBFスーパーバンタム級シルバー王座決定戦。今年4戦目、連敗中のゾンビ田村が勝って来年に弾みをつける試合になりそう。

 

 

 

11/30  英国・バーミンガム

ゾラニ・テテ×ジョンリエル・カシメロ

WBO世界バンタム級タイトルマッチ。モンスターを挑発し続けるテテ。対するはアムナットに勝ったときのベロ出しが印象的なカシメロ。長身のテテがリーチを活かして危なげなくアウトボクシングしそう。そこをカシメロが掻い潜っていけるか。いいマッチメイクだな。順当ならテテだと思うが、1年ぶりの試合なのとカシメロの一発が勝敗予想を面白くさせるね。テテが勝ったら一段とモンスターのこと挑発して日本人ファンから嫌われそう。笑

 

 

 

11/30  米国・ラスベガス

オスカル・バルデス×アンドレス・グティエレス

スーパーフェザー級で通用するのかお手並み拝見ですかな。

 

カール・フランプトン×テイラー・マクレアリー

フランプトンはバルデスよりもスーパーフェザー級だと小さいような気がする…。マクレアリーは175cmと長身だし。厳しい試合になるかも。

 

バルデスもフランプトンもあまり惹かれないんですよね。。

 

平岡アンディ×ロジェリオ・カサレス

14連勝中の勢いに乗ってアメリカ進出のアンディ。相手は3連敗中だがNABF王者になったことあるから侮れぬぞ。向こうのプロモーターが契約したくなるような試合を期待!

 

 

 

モンスター井上尚弥が旅に出た…

最初はテテ×カシメロを見に英国行くのかなって思ったけど、アンディの応援でラスベガスかな?!

 

 

 

DAZN生配信あり…

モナコ・モンテカルロ

ベスプーチン×ブタエフ

誰と誰??しかもWBA世界ウェルター級王座決定戦。スーパー王者がマニー・パッキャオ、ゴールド王者がバージル・オルティスJr.…ちょっと何やってるか分かんないす。。ただ、13戦全勝(9KO)×12  戦全勝(9KO)の全勝対決で意外と面白い試合になるのかも。早朝4:00に起きてまでは見ないと思うけど…。

 

 

 

おやすみなさい〜

 

今週のボクシング注目カード(11/25-12/1) テテ×カシメロ” への5件のフィードバック

  1. あるサイトで見かけた意見ですが、

    あの長身サウスポースタイルで、射程外の絶妙なポジショニング+無尽蔵な体力から繰り出される、
    「超長距離砲乱射当て逃げ」
    は、眼窩底骨折で、距離感に変化でる可能性ある井上選手にとって、KO狙いのドネア、ネリより相性最悪で、危険極まりない気する。近づいても秒殺した、迎撃カウンターミサイルまで、兼備してるので井上戦は見てみるのが怖い。

    テテは、今までも遊びの中で余力残しで勝っているようにも感じます。帝里やナルバエスは勝つ気が無かったのでなく、そのように見えるほどに自在に弄ばれてしまったとも解釈できます。テテにしてみれば痛んだ井上選手は食べ頃で、格好の獲物に写ってるのかも。リアルに当て逃げされるかもですね。
    「仕上げたテテ」がまだ分からないもので。

    比嘉選手が復帰を表明したので減量苦開放で、フルパワーになれれば持ち味の鋭いステップ+強打爆発で、井上選手以上に、攻略法可能に見えるのですが?比嘉選手が世界戦実現するとしたらテテしかいないから、御祓でやって欲しいですね。

    1. ヒガゴンのパワーがバンタム級でフライ級の時同様に威力を発揮できるのか、テストマッチを見たいですね。タイトルマッチに辿り着いて欲しいです。
      おっしゃる通り、「仕上げたテテ」は相当厄介でしょうね。際どい勝負になりそうです。

  2. 比嘉選手がブギーマンになりそうな気はします。個人的にはテテかウバーリに勝ってもらって、テレビ局同じだから井上尚弥戦が究極に見たいのです。可能性は0ではないと信じたいです。
    最強モンスターVSノー減量フルパワーヒガゴン実現したら日本全国世論まで巻き込んでドネア戦以上に、ビッグマッチになりますよ。勝敗予想もつかない凄まじい試合になると思います。
    ウバーリは指名地合挟まないらしいから、意外にアッサリと1年半のブランク後に何故かランクされたヒガゴンにチャンス来る伏線?
    WBCも日本で商売したいでしょうしね?
    ヒガゴンにチャンスくれるならならその時だけはWBC支持するかな?ウバーリになら、ブランクあっても相性抜群でコンディション並み以上ならアッサリと勝ったりして。チューンアップも大事だけど、極限の減量苦から開放されたヒガゴンにパックマンのように階級の壁は関係ないかも。

      1. 可能性低いけど、井上尚弥VS田中恒も良いですよね。VS堤も夢カード。井上選手を攻略出来る可能性ありそうなのが、日本人にいるというのがまた贅沢な状況ですね‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です