後楽園ホールでのボクシング世界タイトルマッチ(1998〜2005年)

後楽園ホールでのボクシング世界タイトルマッチ(1998〜2005年)

ダニエル・ローマン争奪戦を制したのは、大橋ジムの松本亮 選手でしたね!!

 

2018.2.28(水)

WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

王者

ダニエル・ローマン

×

挑戦者

松本亮

 

会場は、、

後楽園ホール!!

 

 

ってことで、タイトルのとおり後楽園ホールで行われた世界タイトルマッチを調べてみましたよ(男子のみ)。なぜ1998年以降か?ウィキペディアに1998年からしか載ってなかったからー。デラサーチは雑ですねん。笑

 

ではスタート!

辿っていくと、、2003年まで世界戦ない…。

 

2003.1.13

WBC世界スーパーフェザー級

シリモンコン×崔龍洙

辰吉丈一郎と畑山隆則の代理戦争じゃー。こじつけ過ぎましたね。。

 

 

2004.1.10

WBC世界ミニマム級

ホセ・アントニオ・アギーレ×イーグル赤倉

全く記憶にない…。

 

 

2004.7.3

ノエル・アランブレット×新井田豊

見たような…。新井田氏の禁欲が成功したんだろうなぁ↓

上を目指すボクサー必読!新井田 豊の凄さ

 

 

2004.12.18

WBC世界ミニマム級

イーグル京和×イサック・ブストス

肩痛めたときのやつ?

 

 

2005.8.6

WBC世界ミニマム級

高山勝成×イーグル京和

高山の一人称は「タカヤマ」です。

 

 

2005.9.19

WBA世界フライ級

ロレンソ・パーラ×坂田健史

これも覚えてない…。

 

 

2005.10.10

WBC世界フライ級

ポンサクレック×内藤大助

ロマンチックが止まらない。

 

 

うーん、、ビックリするほど覚えてない。。

 

 

2006年−2010年につづく…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です