7/6 全対戦カード 日本🇯🇵x🇵🇭フィリピン対抗戦

7/6 全対戦カード 日本🇯🇵x🇵🇭フィリピン対抗戦

7.6の対戦カードが帝拳ジムのホームページで発表された。全7試合。

http://www.teiken.com/news/index.html#anc13442

 

 

以下、引用

<メインイベント/スーパーフェザー級10回戦>20時57分ゴング予定

IBF世界同級4位

尾川 堅一(帝拳/25戦23勝17KO1敗1無効試合)

フィリピン・フェザー級12位

グレン・メドゥラ(16戦10勝6KO5敗1分)

 

 

<セミファイナル/スーパーフェザー級10回戦>20時13分ゴング予定

日本同級3位

正木 脩也(帝拳/13戦12勝5KO1敗)

元WBCアジア・スーパーフェザー級シルバー・チャンピオン

アル・トヨゴン(フィリピン/14戦10勝6KO3敗1分)

 

 

<第5試合/ウェルター級8回戦>19時37分ゴング予定

日本同級10位

玉山 将也(帝拳/12戦11勝6KO1敗)

日本同級5位

長濱 陸(角海老宝石/12戦9勝4KO2敗1分)

 

 

<第4試合/スーパーフライ級8回戦>19時01分ゴング予定

日本同級5位

梶 颯(帝拳/12戦全勝9KO)

日本同級2位

レイ・オライス(FLARE山上/40戦20勝5KO18敗2分)

 

 

<第3試合/スーパーライト級6回戦>18時33分ゴング予定

日本同級

李 健太(帝拳/1戦1勝1KO)

フィリピン同級13位

マーロン・パニアモガン(10戦9勝5KO1分)

 

 

<第2試合/フェザー級6回戦>18時05分ゴング予定

日本同級

中野 幹士(帝拳/2戦2勝2KO)

フィリピン・スーパーフェザー級10位

アルビン・ユロン(14戦12勝3KO2敗)

 

 

<第1試合/124ポンド(56.2Kg)契約4回戦>17時45分ゴング

日本スーパーバンタム級

鈴木 敬祥(帝拳/5戦3勝1敗1分)

日本スーパーバンタム級

内藤 剛(Reason大貴/12戦4勝2KO4敗4分)

 

 

 

ここで終わらせたら、ただのコピペですが、、私は気付きましたよ!7試合中5試合で日本🇯🇵×🇵🇭フィリピンの5対5が組まれてるやんけー!!もう一度見てみよう。

 

先鋒   ミキティ🇯🇵×🇵🇭アルビン

次鋒   リゴンテ🇯🇵×🇵🇭マーロン

中堅   梶颯🇯🇵×🇵🇭レイ・オライス

副将   日サロ正木🇯🇵×🇵🇭アル・トヨゴン

大将   クラッシュ・ライト🇯🇵×🇵🇭グレン・メディラ

 

先鋒次鋒は相手の戦績も良いが、スーパーホープがスケールの違いでポイントゲットでしょう。山場は中堅戦だ!レイ・オライスは日本ジム所属だけど固いことは言わないように😁3倍以上のキャリアを誇る34歳レイが、21歳の梶にボクシングレッスンで翻弄して勝利もありえる。日本ランク上位同士でもあるから意地と意地のぶつかり合い。副将のアル・トヨゴンは今年5月にWBCアジア・シルバーのタイトルを佐川遼(三迫)に奪われたヤツ。前半ブンブン振って佐川を苦しめたが中盤以降ボディをもらい失速して3-0判定負けだったようだ。でも、まだ21歳、正木の日焼けコンディションが万全じゃなかったら分からんぞ。冗談はさておき骨のある相手で面白い!そして大将戦、、尾川に求めることは1つ!倒して勝つのみ!!9月の挑戦者決定戦に向けてノーダメージで!!2つ求めてもうてん。笑笑

 

🇯🇵🇵🇭対抗戦ではない、🇯🇵🇯🇵対決も見ごたえありそう。第1試合は鈴木が有利そうだが、内藤は先日4階級制覇を達成した井岡一翔が所属するジムだからな!勢いに乗れるか?!そして、勝負的には一番面白いかもしれない玉山×長濱のランカー対決。帝拳×角海老。重量級。バチバチの熱い試合になる予感しかない!!

 

 

 

ローソンチケットは完売。まだ買ってない人は当日券で。後楽園ホールで会いましょう\(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です