9.20 茨城ボクシングの聖地「つくばカピオ」興行の感想文

9.20 茨城ボクシングの聖地「つくばカピオ」興行の感想文

 

会場入りするのに長蛇の列。こんなに会場入るのに時間がかかったのは昨年のWBSSバンタム級決勝戦、井上尚弥×ノニト・ドネアぐらいだ。さすが茨城ボクシングの聖地「つくばカピオ」ですな。全国のボクシングファンが大集合して混雑かと思いきや中はガラガラです。体温チェックと住所記入などで時間が掛かっただけでしたw

 

 

メインの時はもう少し埋まった

 

 

 

昼からビール5本ぐらい飲んで、会場でこだわり酒場レモンサワーを3本飲んでいるので、いつもより更にテキトーな感想文となります。アルコール度数7%にしておいて良かった。9%だったら華原朋美ばりに効いちゃってたでしょうな。。

 

 

 

ではスタート。

角田 知浩(川崎新田)  × 村田 零士(渡嘉敷)

長身サウスポーの角田がスイッチとリーチを生かしながら入ってきたところをタイミングの良いアッパーで序盤はリード。村田は2R後半から前に出て接近戦からボディ連打で挽回。両者ラストラウンド勝負とみて打ち合いで試合終了のゴング。判定3938角田3838 ×2の 1-0ドロー。

 

 

人見 信男(ヤマグチ土浦)  x 小安 愼悟(三迫)

前に出ながら手を出す人見が先制パンチを喰らわすも、距離ができると子安のワンツーがクリーンヒット。2Rは逆に子安が先手を打って人見が応戦して打ち合う。3R開始直後から子安がラッシュかけたところ、パンチをまともにもらう人見を見てレフリーストップ。妥当だったと思う。なんか聞いたことある名前だなと思ったらK-1黎明期に活躍した選手と漢字一文字違いの子安がデビュー戦をTKO勝利

 

 

室田 拡夢(T&T)  x 松澤 拳(宮田)

松澤がスタートダッシュでラッシュするも室田に打ち終わりを狙われていた。途中ボディの有効打で室田が仕掛けて1R終了直前に限りなくダウンに近いスリップを奪う。2Rも一進一退だがまたもボディで室田がポイントを取った3R開始と同時にラッシュをかけた室田、たまらず松澤陣営がタオル振り回しTKO勝利。

 

 

亀山 大輝(ワタナベ)  x 堀川 龍(三迫)

名門対決。ライトフライ級らしく小気味いいテンポから強打を織り交ぜる打ち合い。レベルの高さは感じたが決定力不足で、ずっと同じ展開すぎた。判定58-57、58-56、59-56  3-0で青コーナー堀川龍の勝利。

 

 

根本 裕也(ヤマグチ土浦)  x 足名 優太(渡嘉敷)

どっちもパンチ力を感じられない。単調だからかな。酔いも回ってきていたからかも。エキサイティング足りない……と思っていたら最終ラウンドに足名のオーバーハンドの右がヒット!ラッシュするも仕留められず、根本の踏ん張りも凄かった。判定へ。採点は聴き逃したが足名勝利です。

 

 

メインイベント

高橋 竜也(ヤマグチ土浦)  x 城後 響(三迫)

ランカー×ノーランカーだけど互角の戦いだった。土浦ドラゴンは相手の良さを引き出して、その強さに合わせられる。、五分五分の立ち上がり。7高橋有効打からラッシュも仕留められず。、ラストラウンド。スピードも手数もあるんだけど決め手がない両者。77-76.77-75.78-74。土浦ドラゴン勝利。もう来年の予定も入ってます…

 

 

 

 

 

 

 

来年も行こうと思います〜

 

 

 

めっちゃアルコールが効いてきた…。おやすみなさい〜

9.20 茨城ボクシングの聖地「つくばカピオ」興行の感想文” への2件のフィードバック

  1. 尾高栄一を知ってるかね?
    知る人ぞ知る元日本1位。つくばカピオの英雄?

    何故かそのときに限って絶好調のグレート金山にと戦ってボクシングそのものが壊されてしまったアンラッキーボクサー。

    あの試合に勝って凱旋すればつくばカピオに更なる歴史が加わったのに。残念……..

    1. 尾高栄一さん、知りませんでした…。
      YouTubeにグレート金山 戦があったので機会があったら見てみます。
      情報ありがとうございます〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です