京口紘人 3.13アメリカデビュー戦のチケット情報

京口紘人 3.13アメリカデビュー戦のチケット情報

3.13🇺🇸テキサス州ダラス

WBA世界ライトフライ級”スーパー”王座タイトルマッチ

“MAD BOY”

京口紘人

🇯🇵

vs.

“El Mini”

アクセル・アラゴン・ベガ

京口チャンプのアメリカデビュー戦のチケット情報を調べた。現地で観戦しようとしている方は、これまでの日本での試合と違い、自身でチケットを入手する必要がありそうだ。本人とジム関係者は早めにアメリカ入り、隔離の中で調整に全力集中して仕上げる必要があるから。京口チャンプは新型コロナ感染の後遺症とInstagram乗っ取りもあり、これ以上負担を掛けたくない。。

焼肉スタグラムに…。

 

 

 

メインイベントは今年最初のメガファイト、

WBC & WBA世界スーパーフライ級王座統一戦

“El Gallo”

Juan Francisco Estrada

vs.

“Chocolatito”

Roman Gonzalez

 

2/20のミゲール・ベルチェルト×オスカル・バルデスはビッグマッチ、エストラーダ×ロマゴンは王座統一戦だし、勝者は井岡一翔と対戦する可能性があるということでということでメガマッチ認定です。

 

 

チケットも売れている。

チケットマスター

https://www.ticketmaster.com/juan-francisco-estrada-v-roman-chocolatito-tickets/artist/2771389

現在発売中のチケット価格帯は35〜200ドル。グレーは完売、濃いブルーは先に余裕あり、淡いブルーは品薄だ。見やすい良い席から売れているのが分かりますね。リング正面に位置する席はほとんど売り切れている。500ドルぐらいだったのかな。

 

 

さらに拡大すると空いてる席が確認できる。

グレーは売れた席、青は空席、白はソーシャルディスタンスで売り出していない席。全体を見回すと、収容人数はMAX 19,200人のうちソーシャルディスタンスで座席の配置を1/3ぐらいに抑えている感じなので、当日の観衆は5〜6,000人かと。

 

 

自分だったらここを買う。

ズバリ!赤コーナも青コーナーも入場は103の下からとみた!!ということで104で入場口に現れて軽くシャドーボクシングをする選手を激写するか、105でリングイン直前にグローブタッチで闘魂注入を狙うかの二者択一だな。ちなみに104も105も残っている一番前の席は200ドルです。モロにニュートラルコーナーが邪魔になりそうな角度ですけど。。

 

 

 

いろいろ書いてきて最後にスミマセンけど、渡米したら10〜14日自主隔離、帰国しても同じくらい自主隔離&新型コロナ陰性証明が必要などなど。。約1ヶ月のスケジュールを抑える必要がある、かなりハードルの高いボクシング観戦となりそうだ…。このデラるるぶは東スポばりに信憑性が低いので、各自でしっかり調べましょうね。

 

【2021年2月1日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

https://esta-center.com/news/detail/990100.html#sec_intro

 

過酷な条件だけど、がんばれ京口チャンプ!余裕があったらYouTubeチャンネルで試合前後の密着ドキュメンタリーお願いします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です