“The Judge”伊藤雅雪 復帰戦の相手をズバリ予想!

“The Judge”伊藤雅雪 復帰戦の相手をズバリ予想!

2020.12.26 墨田区総合体育館 自ら脚本・演出・主演を務め、初監督作品でもある『国内ライト級ウォーズ』で、自身の引き立て役としてキャスティングした三代大訓に主役の座を奪われた試合から2ヶ月…

 

“ハンサム”こと“The Judge”伊藤雅雪が現役続行を表明した。

A-SIGN.BOXING「あの日何が起きたのか」

場面ごとにお互いが何を考えていたのかを話していて、試合中のボクサーの感情が分かる素晴らしいドキュメンタリーだ。ボクシングのバックステージには物語が詰まっているので、見たいファンは多いと思う。私は大好物です!両者の話を聞くと、この試合に向けては三代の方が緻密に戦略を練ってきたのが分かりますね。ボクシングビート最新号の飯田覚士×三代大訓の対談も併せて読むのをオススメします。

ジャブについて2ページぐらい話してるからね。笑

 

 

「あれじゃ終われない」

燃えカスが残らないよう完全燃焼して欲しい。完結に向かうストーリー、今回は主演に集中してもらうため、私が脚本を考えた。

 

まずはハンサム伊藤のランキングをチェックだ。

日本2位、OPBF3位、世界ランキングなし

三代に敗れたことでWBO9位(スーパーフェザー級)の世界ランクを失った。

 

国内ライト級は実績からすると中谷正義、吉野修一郎、三代、伊藤が四天王だろう。それ以外の選手は殆どハンサムよりランキングが下なので戦う意味がない。強い選手が揃っているから戦ったらハンサムに勝つ可能性の高い選手もいるけど、次に繋がる相手と考えるといないので。

 

 

そこで原点に戻る意味でもアメリカ武者修行が必要だと考えた。世界チャンピオンになったアメリカ🇺🇸キスミー伊藤、もといキシミー伊藤だ!クリストファー・ディアス戦のアグレッシブさを取り戻すのだ。

 

試合は組めるだろう。世界ランキングはないものの「元 WBO世界スーパーフェザー級王者」という肩書きがハンサムにはあるからね。

ただし、、

アメリカでの復帰戦は茨の道だ。こういうときは大体トッププロスペクトの当て馬みたいなマッチメイクが多い。勢いのある若手に「元世界チャンピオンを倒した」という箔を付けさせるためのBサイドだ。ビッグマッチのアンダーカードで良くてセミセミぐらいの扱い。TOPRANK総帥ボブ・アラムは手強い相手を用意するはず。

 

 

TOPRANKのライト級契約選手を調べた。

ロマ・テオフィモ・ジャスティス以外の5人をチェック。

 

①Roman Andreev 34歳🇷🇺24戦全勝(17KO)

②Raymond Muratalla 24歳🇩🇴11戦全勝(8KO)

③Joseph Adorno 21歳🇺🇸14勝(12KO)1分

④Felix Verdejo 27歳🇵🇷27勝(17KO)2敗

⑤Eric Puente 21歳🇺🇸5戦全勝(0KO)

 

①は最近ロシアでしか試合してないから無いな。⑤はキャリア5戦でまだ早い、消えた!②のレイモンド村田…レイモンド・ムラタラはニックネームが”Danger”で最新試合を見ると、オーソドックスで綺麗なスタイルのボクサーファイターかと。タイプ的にハンサムと似てるので噛み合いそう。③ジョセフ・アドルノはニックネーム”Blessed Hands”(祝福された拳)、ハイライトを見ると超好戦的でこっちの方がデンジャーな気がした。前戦ドローで少し評価を下げたがタイプ的に厄介な相手かも。④”El Diamante”フェリックス・ベルデホと、前戦で痛い一敗を喫した同士の復帰戦サバイバルマッチもアリか。

 

 

よし!ズバリ一点予想だ!!

②-③の馬連ならぬボク連で勝負

一点と言いながら2人のボクサーを選ぶセコさよ。。ベルデホはムラタラかアドルノに勝ったら次の刺客として取っておきます。ハイリスク・ハイリターンの試合をアメリカで勝ち抜いたら完全に名誉挽回できる。そしたら日本に逆輸入で吉野×三代の勝者と世界ランキングを賭けて「国内ライト級ウォーズ ビヨンド」の主演復帰という脚本でどうかな!

 

 

 

アメリカで試合が決まらない場合、日本でどうしても試合するしかないとなった時のプランBも考えた。

 

 

戦ったら盛り上がるであろう日本人ボクサーが1人だけいる…

 

 

同じ年に全日本新人王獲得…

 

 

OPBF5位、日本5位……

 

 

 

柳 達也!! 

 

 

なんで??

柳は、、ハンサムが元々所属していた、、

伴流ジムなんですわー!!

オンラインサロン限定動画ではぶっちゃけまくってたので、遺恨ありありだと思う。伴流ジム会長からの刺客として柳は面白いと思う。こっちに決まったらタイトルは「国内ライト級 仁義なき戦い 伴流必至編」で、Vシネの主演になっちゃうけど。笑

 

その際はA-SIGN.BOXINGが熱い煽り動画を作ってくれるでしょう。

これを超えてもらいたい!久々に見たけど鳥肌立ちましたわー。やっぱマッハかっけーー!

 

 

 

どんな路線でも、相手が誰になってもハンサムの巻き返しを期待します。まだまだボクシング界を盛り上げられる選手だと思っているので。頼むぞハンサム!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です