6.13 ダイナミックグローブ現地観戦、朝帰りしながらの感想文

6.13 ダイナミックグローブ現地観戦、朝帰りしながらの感想文

行ってきました後楽園ホール。

いま朝帰りしてます。。記憶をたどりながら書きます。

 

 

高橋秀太×宇野楓麻

高橋がアッパーでダウンを奪ったあと、ロープに呼び込んで右のカウンターでフィニッシュ。首がグネッと曲がる強烈なやつ。畑山隆則の後ろ髪が長い頃の試合で見たことあるキツいやつ。

 

金子虎旦×パシス・ウィセッソ

金子のジャブが鋭く強い。左ボディーも。チケットめっちゃ売ってた。スター性あり。

 

村田昴×ジョン・マーク・ティフ

相手のフィリピン人がなかなか強かった….ように見せてしまった村田。でもいろいろ試して完勝。

 

福井勝也×ジェイソン・ブエナオブラ

綺麗なボクシングだったけど爆発力を感じない。けっこう長引いた。

 

中野幹士×ファニト・パレデス

鉄の拳のパンチ音ゴリゴリ。相手も角刈りで気合い入ってたが最後はスコーンと倒してテンカウント。日本のマイケル・バッファーこと冨樫リングアナの「ナカノーーー、、、マノース・デ・アセロー!ミィキトォゥーーー!!」を生で聞けたのは嬉しかった。

 

永野祐樹×小畑武尊

開始直後からどっちもフルパワーのドツキアイはサウスポー小畑のヒットが上回る。永野はパンチのもらい方がまともでダメージ蓄積。途中から怖くなるぐらいパンチ貰ってたが、返すパンチの威力も逆転の期待をさせる迫力がある。だが結局、前半にダメージを与えた小畑がパンチをまとめたところで帝拳陣営がタオルを突入して、小畑が日本ウェルター級暫定王者に。勢いあるね〜。23歳なのにしっかりした受け答えのヒーローインタビューも印象的だった。

 

中谷正義×ハルモニート・デラ・トーレ

ジャスティスのパンチがキレキレで、身長差ある打ち下ろしの右でダウンを奪い、立ってきたデラをボディーで仕留め完勝。強かった〜。

 

この日会場には世界王者がたくさん居た。浜田剛史、内山高志、長谷川穂積、下田昭文、ホルヘ・リナレス、五十嵐俊幸、村田諒太、花形進などなど。トレーナーで粟生隆寛、たぶん解説にセレス小林&山中慎介も居ただろうから超豪華でしたね。

 

会場をあとにして、テリブルな人とムロジョン・アフマダリエフに似た人と飲みまくってしまい終電&終バスを乗り過ごしました。そこで我々は井上尚弥のあまりの強さに対抗する強敵が欲しいと「フルトン応援団」を結成しました。団長は”Cool Boy Steph”のニックネームが微妙にダサいと申してました。楽しくて時間を忘れた。ひさびさに漫画喫茶に泊まり初心を思い出しました。笑

 

 

あー、楽しかった。つくばに着いたのでシャワー浴びて仕事行きますわー。キツっ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。