豊嶋亮太 × 佐々木尽 日テレジータス録画視聴&ミライ⭐︎モンスターの感想文

豊嶋亮太 × 佐々木尽 日テレジータス録画視聴&ミライ⭐︎モンスターの感想文

昨年はメインだけライブで見ようと思ってて町中華で飲んでました。20時前に帰宅してテレビを付けて日テレジータスにチャンネル合わせた。すると昔のハイライトやってて…。20時前にメインイベント終わったようでビックリしました。情報遮断して追っかけ再生した感想文です〜。

 

 

池谷一樹×岡村弥徳

ラウンドと同時に35歳の池谷の方が24歳の池谷を追い回し80秒で右フック、ロシアンフック気味の右ストレートでワンパン1R TKO勝利。顎先にモロに入りましたね。

 

 

小川寛樹×クワンチャイ・プリエンクンソッド

タイ人はウェイトが2階級下ぐらい痩せ気味。実力差は明らかで小川が1RTKO勝ち。

 

 

屋嘉部悠大×カン・ダウォン

足を止めてリング中央でパンチの応酬。決着は6R、屋嘉部が韓国人をねじ伏せた。

 

 

神足茂利×プラティップ・チンラム

身長差が18cmあって3階級ぐらい違うように見えた。4Rに左ボディーでタイ人悶絶で神足がケガからの復帰戦を飾る。

 

 

豊嶋亮太×佐々木尽

青髪×金髪。先に佐々木がド派手なガウン着用で時間たっぷり使ってリングイン。豊嶋も後援会からプレゼントされたガウン着用。試合開始。豊嶋の方が距離を詰めて接近戦を挑む意外な展開でスタート。佐々木はフックを振りやすい距離に来てくれて大歓迎でしょう。上下にガードの上からでも構わず打っていく。豊嶋は打ち終わりに返ってくる佐々木の左フックに全く反応できておらず、あっという間に1R2分弱でぶっ倒されてTKO負け…。このスピード決着は予想できなかったな。佐々木がWBOアジアパシフィック・ウェルター級新チャンピオンに。そして世界ランキングもGET!解説のセレス小林さんも言っていたが、豊嶋陣営は何故いきなり様子見なしで接近戦を仕掛けたのかコメントを聞きたいですねコンディションに不安あって短期決戦勝負に持ち込もうとしたのかしら。佐々木は勝利者インタビューで「自分は日本人じゃなくて宇宙人」と若さ溢れるコメントしてたが、超人が集まる世界ウェルター級なので、これぐらいぶっ飛んでないとだよな。まだ21歳、すぐに世界とは流石に厳しいと思うので、小原佳太とアジア頂上決戦は楽しみですねー。次戦も期待だ!そして、、帝拳ジムから王者が居なくなったのは何年以来だ…。

 

 

録画していたFUJI BOXINGも。

松本圭佑×濱口人夢

トムのタトゥーの隠し方が粗挽きすぎ。ボクシングでもミライ⭐︎モンスターとは完成度の差が違いすぎた。特にスピードは、後出しでもミラモンのパンチが先に当たる。2R打ち終わりにカウンターからコンビネーションで1ダウン、同じような感じで2回目、最後は下がりながらカウンター合わせてフィニッシュ。これで7戦全勝7KOのパーフェクトレコード更新。日本フェザー級3位、いよいよ今年はタイトル挑戦でしょう!王者 阿部麗也はキコ・マルチネスとIBF世界フェザー級挑戦者決定戦に進出という噂があるから日本王座返上かも。そうすると、1位 佐川遼と決定戦あるかもですなー(2位 丸田陽七太は階級アップ)。ハイレベルな試合になりそう…。

 

 

さよならー

豊嶋亮太 × 佐々木尽 日テレジータス録画視聴&ミライ⭐︎モンスターの感想文” への5件のフィードバック

  1. 佐々木は次で小原も海外強豪戦はやめて欲しい……..
    小原は打ち合う「愚」は犯さないだろう。アンディ以上に距離取って手堅く試合運ばれそう。そして、世界ランカークラスに必倒の一撃が「当たる」イメージわかない。
    今回相手の油断&作戦ミスもあったと思う。
    日本・アジアオセアニア圏で手堅くキャリア積んで、元Lヘビー王者のスティーブンソンのように一撃で相手を引っこ抜くような和製スーパーマンになって欲しい。層厚い階級だから、20代の内に世界戴冠出来れば位の長い目で観たい。アンディと世界かけてリマッチなんて胸熱だが実現するか?

    1. 確かにまだ21歳だから手堅くキャリア積ませるのもアリですね。元 日本暫定王者の小畑武尊と防衛戦とか面白そうです。
      アンディとの世界戦リマッチが実現したら最高ですねー!

  2. アマキャリアもほぼないに等しく、国内で何度も倒されてる、アンディにはワンサイドで完敗ですから。このレベルでの豪快なKOシーンだけ見て騒いでるカジュアル層やメディアに影響されて浮かれるようなことはないでしょう。
    年齢的にも21歳でまだまだ余裕があるし、試合数が少なすぎます。軽量級とはワケが違いますし。ヘナロ・エルナンデスVS渡辺雄二のような悪しき日本型マッチメイクの思考から数十年経っても進歩してないならどうしょもないです。

    絶対に色んな経験が必要なことは分かっているはずです、中屋会長、マネージャーも。ただ強い相手と戦うことで大幅に成長する、国内レベルでは誰にもあたり前に勝てるくらいでないと、というのもあると思うので、まずは吉野のようにアジア3冠目指すのでしょうね。しかし小原の側が年齢的にもやる意義が見いだせないし、世界ランカーに勝つことが目標と言ってるので、小原戦は決まりますかね…?

    松本VS佐川見たいですね!丸太はライト級となると、世界はほぼ無くなったか…と思えてしまいます。

    1. まずはアジアで完全敵なし状態にならなければ世界ウェルター級は厳しい。おっしゃる通りです。アジアで完全無双していた亀海善寛でさえ、ファイトスタイル変えて、しかも届かなかったぐらいですものね。私は浮かれていました…。
      小原は世界ランカー戦を優先してもらい、決まらなければ佐々木戦を選んでもらえれば盛り上がるかと。
      丸田のライト級、、フェザーでもパワーを感じるタイプじゃなかったので私も厳しいと思ってます。予想を裏切って欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。