ロブ・ブラント×村田諒太 関係者コメントまとめ

ロブ・ブラント×村田諒太 関係者コメントまとめ

もう5回ぐらい試合を見返しました。大好物のエキサイティング!!会場で観てたら、伝説の9.16を超えたかもしれないなー!!明日のDAZNまでは興奮の余韻に浸ろう。関係者のコメントをまとめたのでどうぞー。

 

 

 

“ラオウ”村田諒太

ノーカットの一問一答。村田の興奮が伝わってくる!

 

 

 

こちらは独占手記(スポーツ報知)

 

 

 

ロブ・ブラント

「スタートはいい流れだったが、パンチの応酬で効いてしまい、リカバーできなかった。彼(村田)はやるべき宿題をしてきた。初戦はそれを私ができたのだが」「距離感を誤ったのは自分のミス。あれだけの大歓声だったので私も戦いを見せたかった」「ストップの判断は私が言うことではない。もちろん私もファイターなので可能な限り最後まで戦う。ただ、レフェリーが止めるべきと考えたのなら、それは正しい判断でしょう」「ナンバー3(ラバーマッチ)に向かっていきたい」「レフェリーの正しい判断で、幸いにも体は痛んでいない。4カ月ほど期間を置いてナンバー3があってもいいと思う」

 

 

 

TOP RANK総帥  ボブ・アラム

「ムラタは前回負けた時、自分を恥じる気持ちがあったと思う。必死になって、今夜は本当のチャンピオンらしい試合をした。ブラントに真剣に立ち向かい、自分のパンチ力を証明した」「(カネロと)いつか試合をさせたい。ムラタの才能はカネロに勝てる可能性を秘めている」

 

 

 

帝拳ジム  本田明彦会長

「本人は本当に超一流とやりたくて仕方ないんですよ。(相手が)選んでくれることを祈っていますよ」「ただの防衛戦にはしたくない。今日の試合がどう評価されるかだろうね」

 

 

 

帝拳ジム  浜田剛史代表

「再起してから取り戻すんだという心構えが違ってた。どっかで緊張感が切れるかと思ったが、それもなく何か月間かできた。プレッシャーも相当強かったと思うがみんなの応援がバネになった。負けたら最後じゃないかとも書かれてもいたし、そこからはい上がってきたので、ある意味、いろんな選択ができると思うが、一難去ってまた一難」

 

 

 

“フェニックス”大橋秀行 会長

「感動した。すごいものを見せてもらった。やっぱり村田は持っている。ミドル級で大差負けからの再戦に大方はブラント有利の予想。それに勝つだけでなく、2回で倒しきった。歴史に残る試合だ。

最初のゴングでブラントは走って出てきた。初防衛もして、より強くなり、自信も持って攻めてきた。これに対して、村田は腹をくくって前に出た。心意気、ハートが違った。

パンチをもらっても前に出た。前戦では、パンチをもらうと前に出られず後手に回った。しかし、この日は負けずに迎え撃ち、前に出てプレッシャーをかけた。打たれても距離をつぶし、追い足もあり、ボディーもよく、重戦車のよう。1回で勝てると思った。

この勝利でボクシング界は“半端ない”盛り上がりとなるはず。村田もまだまだいける。アルバレスやゴロフキン戦も、夢でなく現実的になった。

以前は世界戦といえば悲壮感があった。井上尚弥と村田の2人はそんなそぶりもなく、リングで集中して結果を出す。他競技で活躍する選手もそう。これからの日本を支え、変えていく存在といえる。ボクシングの魅力、すごみを存分に見せてくれ、お礼を言いたい。」

 

 

 

“スピードキング”西岡利晃(トシオカニシオカ)


 

 

“ノックアウト・ダイナマイト”内山高志

 

 

 

“ゴッドレフト”山中慎介

 

この投稿をInstagramで見る

 

村田おめでとう!!! #ShinsukeYamanaka #山中慎介 #boxing #wba #teiken #HozumiHasegawa #長谷川穂積 さん #村田諒太 #フジテレビ

Shinsuke Yamanaka officialさん(@shinsuke_yamanaka_official)がシェアした投稿 –

 

 

 

“ボンバー”三浦隆司

https://twitter.com/bombermiura/status/1149680231478779904?s=21

 

 

 

“シュガー”下田昭文


“モンスター”井上尚弥

 

 

 

村田諒太、、本当に凄い男だ!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です