今週のボクシング注目カード(12/2-12/8)海外編 アンディ・ルイスJr. ×アンソニー・ジョシュア

今週のボクシング注目カード(12/2-12/8)海外編 アンディ・ルイスJr. ×アンソニー・ジョシュア

海外編

 

12/7  カナダ・モントリオール

デビッド・レミュー×マックス・バーサク

今回は髪型崩れないで勝てそうだ。

 

ヘビー級で一時期注目していたサミュエル・ピーターも出場。39歳。無事にリングを降りて欲しいものです。

 

 

 

12/7  メキシコ

エムヌエレ・ナバレッテ×フランシスコ・ホルタ

WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。今年4戦目。29勝(25KO1敗。どんどん筋金が入っていくでー。

 

ジェルウィン・アンカハス×ミゲール・ゴンサレス

IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ。アンカハスが勝つだろう。他団体との統一戦を見たい。

 

 

 

スペイン

キコ・マルティネス×アレクサンダー・カサレス

キコマル51戦目。タフだなー。

 

 

 

サウジアラビア・ディルイーヤ

アンディ・ルイスJr.

×

アンソニー・ジョシュア

WBA世界スーパー、IBF世界、WBO世界、IBO世界ヘビー級タイトルマッチ!リベンジか、返り討ちか!ジョシュアはここで同じ相手に連敗したら大きく後退だ。1戦目をみると相性悪いから厳しい戦いになりそう…。盛り上がってる英国のボクシングスターが消えるのは見たくないが、ルイスの勝ってピョンピョン飛び跳ねながら喜ぶところも見たい。見逃せない試合だ!

 

アンダーカードに僕ポベトキン、ディリアン・ホワイト出場。トップ戦線にアピールする試合を期待。

 

WOWOW生中継!!

https://www.wowow.co.jp/sports/excite/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=excitematch_201912&gclid=EAIaIQobChMI8fSeiLeZ5gIV1rWWCh1K5A2UEAAYASAAEgLY3PD_BwE#argument=6A92YCES&ai=gs00000042452


早朝4:00放送開始。。前日に後楽園ホールでダイナミックグローブ観戦→飲む。起きれない自信1000%…。メインだけ生で見れればいいかなってことで7時起きでいいや。

 

 

 

アメリカ・ニューヨーク

ジャモール・チャーロ×デニス・ホーガン

WBC世界ミドル級タイトルマッチ。カネロがフランチャイズオーナーになってチャーロが店長に昇格したんだったね。カネロ×チャーロをやって欲しいわ。

 

マーロン・タパレス×岩佐亮佑

IBF世界スーパーバンタム級”暫定”王座決定戦。IBFで暫定って珍しいような。”イーグルアイ”岩佐の3敗は山中慎介、リー・ハスキンス、TJ・ドヘニーと全てサウスポーだ。タパレスもサウスポー。タパレスは”魔の左”大森将平を倒しており、日本人のサウスポーには自信を持っていそう。2戦目は体重超過したけどな!だが、王座返り咲きを目指すイーグルアイも海外3戦目でバッチリ仕上げてくれるはず!激戦のスーパーバンタム級に食い込んでくれー!!

 

クリス・ユーバンクJr. × マット・コロボフ

WBA世界ミドル級”暫定”王座決定戦。だーかーらー、、12/23に正規王者のラオウ村田諒太が防衛戦やるのに、その前に何で暫定を設置するんだよ!

 

WOWOWメンバーズオンデマンドで11:00から生配信!

https://www.wowow.co.jp/sports/excite/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=excitematch_201912&gclid=EAIaIQobChMI8fSeiLeZ5gIV1rWWCh1K5A2UEAAYASAAEgLY3PD_BwE#

 

 

 

盛りだくさんの週末ですなー!

今週のボクシング注目カード(12/2-12/8)海外編 アンディ・ルイスJr. ×アンソニー・ジョシュア” への11件のフィードバック

  1. 真相はおいとくとしても、今週末は世間一般的にはに「井上から逃げた?アンカハス」と「井上とダンスしたいナバレッテ」が共演予定ですよね。
    モンスター絡みが増えるということはそれだけのスーパースターなんですよね。
    WBO会長が、了解したらしいから、カシメロ戦実現なら「LFで破局した恋人との再会」ですね。WBOが当日計量検討らしいから、流石にoverはなさそう。
    ネリグティエレスはある意味でボクシング界変えましたね。

    1. 「強いやつとしか試合したくない」というモンスターにとっては有難い状況でしょうね。ひとりひとり倒していく姿を見届けたい。
      まずはカシメロ。本人同士、WBO会長も乗り気で決まりそう。それまでに当日計量が導入されていたら少し安心できますね!

      1. 「ビッグマッチの後の初戦」ですから、命磨り減らすような死闘のダメージも鑑みていきなりカシメロでなくてもという気もします。次戦でのカシメロ戦はは見送ると予想します。
        アメリカへの顔見せブラッシュアップも兼ねて、適度な防衛戦+カシメロとの共演→統一戦日本開催の方が前景気煽れて良い気がしますが?
        個人的には、防衛戦→統一カシメロ戦→リゴンドー→
        エストラーダ(ラスボス)
        希望です。

        1. トビペンさん、名プロモーターですね!おっしゃる通り、負傷明けのTOPRANK初興行でいきなり統一戦はハードですね。本人はやりたいと言うでしょうけど、そこの手綱をしっかり抑えてベストタイミングで試合を組むのもプロモーターの役割ですよね。感服いたしました!

  2. 褒めすぎですよ(笑)
    A.ビラヌエバ辺りとアメリカ顔見せ試運転してからでも遅くないですよね。カシメロ戦は日本開催で。
    ラスボス(エストラーダ)の前にウバーリとの敵討ち戦が抜けてましたね。
    エストラーダがラスボスなのは恐らくナバレッテは待ちきれなく転級すると思うからです。
    そして、エストラーダの対応力+激闘力なら、必ず大死闘になるからです。ドネア戦以上の。Sフライ最強のエストラーダ、バンタム最強の井上選手での、「真軽量級史上最強決定戦」が、このモンスターストーリーの最終地点になって欲しいですね。
    エストラーダ戦は是非ラスベガスで。ファイトマネー1億以上は確実でしょう‼

    1. PFPトップ10同士の対決は「軽量級最強」にふさわしい一戦となるでしょうね。ナバレッテがフェザー級に上げるのも同感です。
      2020年は春 顔見せ(アメリカ)→夏秋 カシメロ(アメリカ)→年末 ウバーリ(日本)でどうでしょう?こんなに上手くいかないでしょうけど笑
      エストラーダ は2021年で!

      1. oscar_delahoya さんも名プロモーターですよ。
        年末ウバーリいいですね。
        時期設定感覚素晴らしいです。
        統一戦+敵討ちで年末スペシャルに相応しい一戦。しかもリスクは高すぎなく、ファンも安心して楽しめる。
        2021年秋or年末でエストラーダかな?可能性リアルにありますよ。
        エストラーダは常にフルパワー激闘で相手への敬意を感じる紳士に見えるので、井上選手とは紳士同士の爽快感ある試合になるかもですね

        1. お褒めいただきありがとうございます
          2020年にモンスターがバンタム級完全制圧、エストラーダ がバンタム級テストマッチを快勝、2021年に軽量級頂上決戦みたいな流れになったら熱いですよねー!どっちも王者の風格を漂わせてるので、これぞ世界戦という試合を魅せてくれそうです。

  3. 次戦はWBOカシメロでほぼ決定ですね。
    指名試合
    ・WBA→ドネア戦が該当
    ・(WBC)&WBO→当分棚上げ了承
    残るIBFダスマリナスが気になりますね。どうなる?

  4. oscar_delahoya さんへ
    恐らくカジョエストラーダは、テストマッチで倒しきれなくて苦闘しても、井上戦には「テストマッチ用のエストラーダ」でなくて、「井上戦用のエストラーダ」で、仕上げてくるはずなので、よい意味で予想立たないですね。大接戦になると予想します。本人もSフライの時に対戦熱望でしたから、宿命の一戦になりそうですね。
    カジョはテテ、ネリのように大言壮語しないで、喋る暇あったら練習に練習重ねてそうですね。彼のボクシングは誠実ですよね?
    個人的に勝手にメキシコの良心認定してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です