今週のボクシング注目カード(12/23-12/29)海外編 ジャーボンテ・デービス×ユリオルキス・ガンボア

今週のボクシング注目カード(12/23-12/29)海外編 ジャーボンテ・デービス×ユリオルキス・ガンボア


国内編と海外編を分けたものの海外で注目の試合は1つしかなかった。。

 

 

 

米国・アトランタ

ジャーボンテ・デービス

×

ユリオルキス・ガンボア

 

WBA世界ライト級王座決定戦。タンク×サイクロン。22戦全勝(21KO)×30勝(18KO)2敗。最近のガンボアはパッとする試合がないから、究極仕上げでない限りはデービスの勝利は揺るがないだろう。

 

セミのジャン・パスカル×バドゥ・ジャックは少しだけ気になる。

 

 

おしまい




今週のボクシング注目カード(12/23-12/29)海外編 ジャーボンテ・デービス×ユリオルキス・ガンボア” への6件のフィードバック

  1. WBAも金のなる木は優遇しまくりですね。よりによって、下り坂のガンボアを当てるなんてもう….
    デービスは、Sフェザーでは、いきなりS王座獲らせましたからね。
    初めてボクシングに疑問もったのが、2004年にフェザー級の洲鎌選手が世界ランカーに判定で完敗したはずなのに何故か意味不明な引き分けになって、何故か世界ランカーの世界ランクをとってかわって、何故か韓国で世界挑戦した事例です(TKO負けだったけど)。ジョーさんが引き分けでも世界ランクには入れるから世界戦やるなんて発言が新聞に載ったとき目を疑いました。実質完敗して出来るわけ無いだろうと。結果、何故か世界ランクに入れてしかも勝ったはずの相手のランクは下がって試合強行。?だらけになった覚えがあります。韓国側が確実に稼ぎたかった事情もあるかもしれませんが。
    それ以来K兄弟含め、様々な大人の事情絡んでのボクシングと割り切って見ておりますが。デービスに獲って欲しい見え見え?
    思い入れありすぎて長々失礼しました。

    1. 洲鎌選手の事情は知らなかったので、大変勉強になりました。デービスは体重超過で剥奪されたあとの復帰戦で、いきなり”スーパー”タイトルに挑戦してたような。。関係者の多くはデービスに勝って欲しいでしょうね。ガンボアに頑張ってもらいたい!

  2. デービスが勝ち、ガンボアも健闘して勝ち落とさず関係者には、万々歳の結果?になりましたね。
    ガンボアは、フェザーorSフェザーで、階級別最年長記録狙って欲しいですね。
    ミニウェザーデービスは、Sフェザーがベストかな。ベルチュルトとやらないのかな?
    現実的には、ロマ戦orマイキーがドリームマッチですかね?でもカネロパターンで暫くは、やらせないで衰え待ちか?
    デービスが作られたスターに見えてきた?

    1. まだ試合見てないですが、デービスの底が見えた試合内容だったみたいですね。ガンボアも頑張ったんだと思いますが。どちらもスーパーフェザーが一番能力出せそうですが、減量がキビシーでしょうから無理ですかね。今後、来年どんな試合が組まれるか楽しみですね!

  3. ガンボア靭帯損傷のアクシデントでしたね。2Rで。足使えなくて、ほぼノープランになってしまったらしい。デービスの底がますます見えましたかね?
    ガンボア体格的にライト無理があるから、Sフェザーで、IBFファーマーなら、獲れるのでは?
    そして、どこかで伊藤選手か、尾川選手と遭遇してほしいとは思うんですけどね………噛み合いそう。

    1. ガンボアがアクシンデントを抱えつつデービスを苦しめたのならば来年も面白い存在になりますね。日本人選手からすると名前もあるのでビッグリターンです。ガッチガチに噛み合いそうですし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です