3.7 REAL SOUL BOXING 60 YouTube観戦の感想文

3.7 REAL SOUL BOXING 60 YouTube観戦の感想文

不覚を取った…。先週の日曜日にYouTubeでボクシングの生配信していたのに知らなかったです。。デラサーチもまだまだ未熟ですな。

 

生配信されていた興行は、、

3/7🇯🇵福岡県・宗像ユリックス

WBC世界フェザー級チャンピオン越本隆志 会長が率いるFUKUOKAジム主催のREAL SOUL BOXING 60だ。九州では有観客でのボクシング興行は一年数か月ぶりのこと。越本会長が若手ボクサーに試合の機会を与えたいと奮起したようだ。プログラムはこちらからダウンロードできます→http://realsoul-fuk.com/img/3.7program.pdf

 

 

まず実況解説を紹介しましょう。元日本フェザー級王者 大之伸くま さんと、私のボクシングの師匠である

ドクター山田さんだ!

テロップではボクシング評論家となっているが、放送ではボクシング研究家と紹介されていた。翌日になってから山田さんからメールが来て、この興行の存在を知りました。

 

 

それでは試合の模様をYouTubeで見て感想文を書きます〜

 

中冨厚志×木戸貴仁

デビュー戦同士の対決。木戸のワンツーがヒット。中冨は体を振りながらフック系のパンチを振るう。ちょっとデンプシーロールみたい。フック系に対して真っ直ぐの木戸が有利だと思ったら、逆に中冨のワンツーが炸裂で木戸ダウン。ラッシュをかける中冨、打ち合いに応じた木戸がコンパクトなカウンターを当ててダウン取り返す!立ったもののダメージ濃厚でレフリーストップ。木戸の逆転勝利!ドクター山田さんも興奮のナイスなオープニングゲームでした。

 

吉田信吾×中村良介

デビュー戦同士。1中村が軽やかなフットワークからリードジャブ、右はいろんな角度から散らす。2吉田がガードを固めて打ち終わりを狙う。ヒット。3一進一退。4手数で中村。判定3-0で中村勝利。

 

安藤謙×木寺竜也

サウスポー同士の対決。サウスポーの説明、ファイトスタイルの違いを分かりやすく説明する山田さん。長いリーチを活かした木寺のフリッカー気味のジャブが良い。木寺有利で進んでると思ったら安藤の左クロス炸裂でダウン。立って挽回をしようと木寺が前に出てきたところにもう一発左クロスで2度目のダウン!即レフリーストップでプロモーターであるFUKUOKAジムに本日初勝利をもたらした。

 

田中歩未×黒木優子

エキシビション。元々はYukoフィットネスジムの下野有香 選手が出場予定だったが棄権。そこで同じジムの元世界王者のゆうこりんが登場。ニックネーム玄海の舞姫は山田さんも知らなかったって。デビュー戦の田中と元世界王者のゆうこりん、実力差がハッキリ分かった。特にフットワーク。田中は良い経験になったと思う。泣きながらインタビューに答える田中選手を見て不覚にももらい泣きしそうになりましたわ。早い時期にデビュー戦が決まるといいね!がんばれ!!

 

末吉史明×橋本祐二

Mr.Children「イノセントワールド」で入場の橋本、入場曲がミスチルは亀海喜寛 以来です。さらにポリスボクサーで、ボクサー定年間際の36歳とキャラが豊富。末吉はL字ガード気味。橋本は思い切りよく左を振る。2末吉がいいパンチを当てて出たところに橋本のショートの右がカウンターでヒットして末吉ダウン。3.4打ち合い。5末吉の右がジャストミートしたが詰められず。6橋本がクリンチ際に上から身体を被せて相手を疲れさせるシーンのときに、山田さんが「これはモハメド・アリも使ってたテクニック」とマニアック解説。判定3-0で橋本の勝ち。

 

 

【試合以外で気になったこと】

会場は後楽園ホールのような、すり鉢状で見やすそうだ。ホールの南側にソックリ。キャパも最大2309人で同じくらい。

 

入場ゲートがカッコイイ。山田さん曰く「ラスベガスみたい」。多くの海外ボクシングを渡り歩いている山田さんが言うのだから間違いなくベガス!

 

 

最後はサービスショット

 

 

ムチムチのラウンドガール……

ではなく、ムキムキのラウンドボーイでした笑

 

以上、感想文おしまい。

 

 

ドクター山田さん、次の機会があれば事前に教えてください〜。バンバン宣伝しますので😉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です