辰吉丈一郎の息子と教え子にラブコール 古橋岳也x辰吉寿以輝、京口紘人x高山勝成

辰吉丈一郎の息子と教え子にラブコール 古橋岳也x辰吉寿以輝、京口紘人x高山勝成

平成のカリスマ辰吉丈一郎の息子と教え子に偶然同じタイミングで対戦希望を表明する選手が現れた。

 

息子は”浪速のジョー”の次男、日本スーパーバンタム級8位辰吉寿以輝。ジョーの息子と言われるのは嫌だと思うけど、お父さんの大ファンだった私は、まだ「辰吉の息子」という認識だ。しかし、このチャンスをモノにしたら「息子」から「寿以輝」になるであろう試合が決まるかも。対戦を希望しているのは、今年1月に日本スーパーバンタム級タイトルマッチを超激闘の末に大逆転で新チャンピオンになった古橋岳也だ!

https://twitter.com/shibaitarunen/status/1372834022599000064?s=21

 

初防衛戦は8/2 後楽園ホールの川崎新田ジムの自主興行「ホープフルファイト」の予定で、その対戦相手に寿以輝を指名。古橋27勝(14KO)8敗1分、辰吉13勝(9KO)無敗1分。チャンピオンが倍以上のキャリアで対戦相手の質も上だ。一方の辰吉はじっくりとキャリアを積み実力を付けているが、トップランカーとの対戦はない。まだ早いか…しかし、王者から指名してくれるチャンスなんて滅多にないぞ。本人の気持ちは、、

「是非!!」カッコイイぜ!ボクサーはこうでなきゃいけない!!チャンピオンは辰吉ジュニアを倒して知名度をいただきたい、寿以輝は飛び級で初タイトル獲得のビッグチャンス。両者にメリットあるので実現して欲しいね。王者は川崎市の市長も観戦予定で地元から総出の応援確定、挑戦者も大阪から熱烈な応援団が乗り込んでくるだろうから熱気ムンムンの日本タイトルマッチになりそう!

 

 

続いては教え子。先週アメリカデビュー戦を石頭で相手の拳を粉砕という、少し違ったインパクトある勝利で飾ったばかりのWBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人だ。こちらには元 世界4団体ミニマム級チャンピオンの高山勝成からラブコール…というよりは挑戦状が届いている。

矢沢永吉と同じように一人称を自分の苗字「タカヤマ」で語る高山は2000年デビューの37歳。41戦32勝(12KO)8敗1無効試合。前戦ではアマチュアボクシングからプロに復帰初戦で世界挑戦2度の小西伶弥を完封。王者時代も防衛戦でイーグル京和、新井田豊、ローマン・ゴンサレス(決定戦)ほか、国内トップランカーの挑戦を何度も退けているので「統一戦をやる前に日本選手をすべて黙らせるのが世界王者」という主張も高山が言うと説得力あるか。

なぜ京口との対戦を求めるかというと、ミニマム級で4団体制覇しているがWBAだけは暫定タイトルだから。自分からIBF世界ミニマム級の王座を奪ったホセ・アルグメドに勝って世界チャンピオンになったのが京口紘人というストーリーもある。日本開催であればタノンサック・シムシーが優先だろうから(これは先月のボクシングビートの記事で高山も尊重すると答えていた)、2021年大晦日TBSで激突が一番早いシナリオですかね。京口をプロモートするmatchroomも元世界チャンピオンの肩書きがある高山との対決はプロモーションしやすいから海外で高山と試合というのもあるかな。今後の動向に注目だ。

 

 

どっちの試合も決まると良いですね〜。さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です