TOPRANK社ボブ・アラムCEOが村田諒太&井上尚弥&中谷潤人について語った

TOPRANK社ボブ・アラムCEOが村田諒太&井上尚弥&中谷潤人について語った

トップランク社のボブ・アラムCEOが村田諒太、井上尚弥、中谷潤人の次戦について語った。インタビューは昨日の🇺🇸アトランタで行われたヘリング×スティーブンソンのときだから最新情報だ。ネタ元は全てスポニチで、記者はアメリカ在住のスポーツライター杉浦大介さんだと思われる。

89歳、老いてますます盛んの大プロモーターだ。

 

 

まずはWBA世界ミドル級スーパー王者 村田諒太

ゴロフキンは村田戦に同意もDAZNとの間に問題発生 年末に神戸で対戦計画

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/10/25/kiji/20211024s00021000740000c.html

「私たちとミスター本田(帝拳ジム・本田明彦会長)は、村田対ゴロフキンの実現に向けて尽力している。ゴロフキンはすでに同意した。ただ、ゴロフキンと契約を結ぶDAZNとの間に何らかの問題が生じてしまっている。しばらく様子を見ていかなければいけない」

 

海外の記事を読むと村田の評価は低く、GGGの相手としてミスマッチではないかとDAZNが渋っているとか…。DAZNは村田で苦い経験があるしな…。

10月下旬のボクシング注目カード

GGGもDAZNと契約してから試合した3戦がいずれも格下だった(スティーブ・ロールズ、セルゲイ・デレフヤンチェンコ、カミル・シェルメタ)から、「またか」みたいな感じなのかな。デレフヤンチェンコはまあまあの評価だったみたいだけど。ただ村田本人も陣営もアンダードッグなのは百も承知だ。それでも試合が決まれば一発逆転があると。セニョール本田会長の交渉力に期待!ついでに神戸から東京に会場も移して欲しい。さらについでに尾川堅一×アジンガ・フジレもアンダーカードに加えてダブル世界戦にしてください。さらにさらに中谷正義の復帰戦もプラス、これでDAZNも納得のラインナップになりますよ!宜しくお願い申し上げまする〜。

 

 

 

続いてWBAスーパー & IBF世界バンタム級王者 ”Monster”井上尚弥

尚弥は来年4月に日本でビッグファイト、来夏は米国で アラムCEOが今後の計画明かす

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/10/25/kiji/20211024s00021000731000c.html

「井上は12月に日本でタイ人の挑戦者と防衛戦を行う。12月に戦った後、4月にも日本で試合をこなし、次にアメリカで試合をするのは来年の夏だ。4月の試合の相手が誰になるかはまだ分からないが、重要なファイトを計画している。ドネアか、カシメロか、そのレベルの選手が相手だ。ビッグファイトで、特別な試合。今、ここで明かすことはできないが、来年最初の試合は日本で開催されなければいけない特別な理由があるんだ」

 

『特別な理由』ってなんだろ?4月、日本、桜、、ボブは花見をしたいのだー!違うかw本気の予想、いきます。4/10は井上尚弥の誕生日だ。なのでバースデーマッチと予想!!来年の4/10は日曜日なので昼興行にしてアメリカ時間に合わせ世界バンタム級3団体統一戦じゃー!!勝ったあとは井上ファミリー&大橋ジム&TOPRANKのモンスター29歳誕生祭です。

 

 

 

最後はWBO世界フライ級王者”愛の拳士”中谷潤人

「間違いなくまた我々の興行で彼の試合を組みたい。とても良い選手で、前回の防衛戦では彼の戦いぶりに感心させられたからだ」

 

このコメントは冒頭の村田諒太の記事の最後に載ってます。ボブの評価は高い。契約までもう一押しだな。であれば、GGG村田の興行にWBC王者フリオ・セサール・マルチネスとの統一戦をぶっ込んでトリプル世界戦でどうだー!ボブとエディ・ハーンの関係は良好では無さそうだが、どちらもデキるビジネスマンだから大丈夫でしょう。

 

 

妄想ボクシング楽しかった。正式発表を待ちましょう。さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。