2.8 ダイヤモンドグローブFODプレミアム観戦の感想文 鈴木雅弘×宇津木秀

2.8 ダイヤモンドグローブFODプレミアム観戦の感想文 鈴木雅弘×宇津木秀

FODプレミアムが生配信してくれたので、第1試合からメインイベントまで楽しめました。

 

井上稜介×トト江崎

順番にパンチの交換をしてるような、少しエキサイティングにかける単調さだった。

 

 

須賀将哉×五十嵐春輝

サウスポー同士。須賀がサークリングして距離を保ち左ストレートを強振していたが、徐々に距離を見切った感ある五十嵐が3R左カウンターでダウンを奪う。そのまま判定勝ち。

 

 

アンタッチャブル川島郭志さんの解説スタート。

 

吉野ムサシ×村地翼

村地のジャブがキレてた。吉野は肉を切らせて骨を断つ作戦でパンチもらいながら打ち終わりのカウンター狙い。ランキングを奪ってやるという気迫が凄かった。ランカー×ノーランカーの対決はこれぐらいガツガツ行って欲しいよね。だが全体的に村地が流石ランカーという技術と落ち着きで3-0判定勝ち。

 

 

セミファイナルからは大画面テレビで見ましたよ。

前田稔輝×木村蓮太朗

戦前の予想どおり木村が積極的なジャブ、ワンツーで前に出て仕掛けた。2R 前田は木村の右フックを交わし左ストレートでダウンを奪う。パンチがコンパクトだなー。3R以降も木村は強気で攻めるが前田は見切りが素晴らしい。ガード低いんだけど距離感と目の良さを感じる。攻撃は突きのようなストレート。コンパクトなワンツー。4Rのお互い一歩も譲らない打ち合いはスリリングだった!中盤、木村がボディージャブ、ボディーフックは後半に効いてくるかなと思ったが、左拳を痛めたのか温存しているのか全く打たなくなったのも気になった。前田は木村の豪快な右ボディから右スマッシュの空振りの打ち終わり的確なパンチを返す。判定は3者とも1ポイント差の2-1で前田の勝ち。私は木村の1ポイント勝ちかなと思ったが前田でも全然文句ない。また大きな舞台で再戦が見たいと思うナイスファイトだった。前田の応援には日本拳法出身の世界王者”Crush Right”尾川堅一が来てましたね!

 

 

鈴木雅弘×宇津木秀

開始直後からジャブというよりストレートの突き合いでスタート。鈴木はジャブと左フック、宇津木はジャブと右ストレート。フックとストレートの相性で宇津木、さらにガードの堅さ反応の良さでペースを握った宇津木がリードする展開4R宇津木の左フックで鈴木ダウン。ラッシュにカウンターの左フックを何回も合わせにいく鈴木の闘志に熱くなった。しかし、最後まで宇津木の集中力は切れず、アッパーを有効的に使いながら着実にポイントを奪っていった。このままポイントアウトかなと思った9R 同時撃ちのタイミングで宇津木の右が炸裂して鈴木が少しよろめいたところでレフリーが割って入り決着。日本ライト級新チャンピオン宇津木秀!強かった!!

敗れたものの鈴木のファイトスタイルは好きなタイプと再認識した。ひとまずゆっくり休んで再起を期待!

 

 

いやー、後半にかけて興奮していく流れの熱い興行でした。ライブ配信ありがとー!さよなら

2.8 ダイヤモンドグローブFODプレミアム観戦の感想文 鈴木雅弘×宇津木秀” への3件のフィードバック

  1. 自分はライブでは見られなかったのですが、少しSNS絶ちして帰宅後プレミアム加入して見ました。
    セミとメインは期待に違わぬ熱戦でしたね!
    宇津木は前の試合では、角海老の龍にダウン奪われて苦しい試合たったので、さらに強敵の鈴木相手には苦しいか、と思ってましたが………
    ほぼ完璧な試合運びだったように思います。

    国内ライト級の面々がガチの世界ランカーと戦うとこが見たいです。
    破れた鈴木にもまだまだ伸び代だらけだと思いますし、期待してます。
    今回は封じ込められましたけど、あの日本人離れしたスケール感はやはり魅力的……

    1. FODプレミアム便利ですよね。数時間なら情報遮断できますが、数日はキツいですから。
      宇津木秀は穴のないボクシングで大崩れしなそうです。吉野修一郎x伊藤雅雪の勝者と対戦とか面白そう。
      鈴木雅弘も最後まで逆転を狙って攻めていて、ここ数戦後半にゆるんだ気持ちが切れず、まだまだ伸びしろだらけと感じました。
      セミは緊張感あるホープ対決、やはり木村蓮太朗は途中で左拳を痛めたようで早く治るのを祈ります。
      どちらの試合もまた上のステージで再戦が見たいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。