井上尚弥 & 寺地拳四朗 リング誌の年間最優秀選手賞にもノミネート

井上尚弥 & 寺地拳四朗 リング誌の年間最優秀選手賞にもノミネート

“The Monster“井上尚弥と”The Amazing Boy”寺地拳四朗が、世界で最も権威あるボクシング誌(今はデジタルのみだが…)『The RING』の2022年  「年間最優秀選手賞」にノミネートされた。

 

THE RING’S 2022 AWARDS NOMINEES: FIGHTER OF THE YEAR

https://www.ringtv.com/648429-the-rings-2022-awards-nominees-fighter-of-the-year/

 

1928年から続く、リング誌の年次賞の中で最も権威があり、最も古いものだってさ。ちなみにマイヒーロー、オスカー・デラホーヤは1995年に受賞してますよ。

 

リストアップされたのは4人、そのうち2人が日本人ファイターとは、、ボクシングファンとして幸せな時代に生きておりますなぁ。ちなみに残り2人はドミトリー・ビボルジェシー”Bam”ロドリゲスです。モンスター井上とケーーン寺地は全米ボクシング記者協会(BWAA)の方でも2人揃ってノミネートされてますね。

井上尚弥と寺地拳四朗はシュガーレイ・ロビンソン賞を獲れるのか?!

https://oscar-delahoya.com/archives/11107

BWAAのときはビボルを指名したが、RING誌は編集長がモンスターびいきなので日本人ボクサー初のMVPもあり得ると思うのですよ。P4Pランキングもビボルより上だし。ただ前年のMVPで無敵を誇っていたカネロに勝ったビボルがやはり有力なのかな。。

 

 

モンスター井上は年末年始から体調を崩したとTwitterで呟いて心配したが、2日後にはスーパーバンタム級でのチャレンジに「ワクワクドキドキしてる」とドラゴンボールの孫悟空みたいな呟きをしていたので安心だ。

井上尚弥のスーパーバンタム級初戦の相手は「The Beast」だと予想した!

https://oscar-delahoya.com/archives/11098

次戦については”The Beast”ライース・アリームを予想していたのだが、急転直下で”Cool Boy Steph”スティーブン・フルトンに挑戦もあり得るという噂がある。というのもフルトン×ブランドン・フィゲロアのWBC世界フェザー級王座決定戦が消滅したからで、2階級制覇のニンジン無いんだったらスーパーバンタム級に留まる、そして一番ファイトマネーが稼げるモンスター井上戦を選ぶ可能性があるからだってさ!このカード決まったら渡米意欲が湧くと思う。超見たい!!

ケーーン寺地の方も順調、”Mad Boy”京口紘人に完勝して2団体統一を達成したご褒美でスポンサーからLEXUS LC500をプレゼントされたようだ。1,500万ぐらいの超高級車……夢がありますねー。乗ってみてーよ。。次戦もビッグマッチが決まりそう。WBO王者のジョナサン・ゴンサレスと今春、日本開催で話が進んでるんですって。ジョナゴンがInstagramで匂わせてます。

https://www.instagram.com/bombako/

3団体統一したらケーーンの世界的評価がさらに上がりそうですな。

 

 

まずは今週金曜日に発表される年間最優秀選手賞に注目しよう!さよならー

井上尚弥 & 寺地拳四朗 リング誌の年間最優秀選手賞にもノミネート” への2件のフィードバック

  1. フィゲロア戦どうも消滅しておらず、2月後半にやるみたいです……

    ケーンがLC500から降りてくるのギャップあり過ぎて笑いますね!

    1. 今朝フルトンxフィゲロアが2月末に決まりそうとニュースが出ていましたね。フルトンはフェザー級でタイトル獲った後も「イノウエとならスーパーバンタムに戻る価値あり」とも。やはりビースト・アリームと前哨戦を挟んで欲しいところです。
      ケーーンがLC500から、、サングラスを頭にのせて降りてくる絵が浮かびました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。