アメトーーク「ろくでなしブルース芸人」を見た

アメトーーク「ろくでなしブルース芸人」を見た

アメトーーク「ろくでなしブルース芸人」が懐かしくて面白かった!中学・高校の頃に読んでたなー。ちょうどイキりたい年頃だったのでヤンキー漫画で、おまけにボクシング要素がふんだんに盛り込まれてたから読んじゃうよね。ギャグもあって面白かったし。少年誌なのに劇画タッチだったのも斬新だった。作者の森田まさのりさんは魔裟斗のキックボクシングデビュー戦会場で見かけた。その時はオレンジの髪色だったような。京口紘人と仲良くなれそうですね。

マッドボーイはシモササイズにゲスト参加したようだ。ミット打ちの時はオシャレメガネは外しましょう!笑

 

 

 

番組ではボクシング部分にはあまり触れていなかったが、ボクサーの名前の登場人物がたくさん出てた。主人公は前田太尊(マイク・タイソン)で、通っている高校は帝拳高校、愛車の原付はチャベス号。父親が文尊(カルロス・モンソン)、兄が富士雄(尾崎富士雄)、弟が用高(具志堅用高)とか。そのほか東京四天王の鬼塚、葛西、薬師寺をはじめ、原田、浜田、辰吉などなど。

 

 

サンドイッチマンが言ってたけど、私もいまだに吉祥寺→前田、渋谷→鬼塚、池袋→葛西、浅草→薬師寺で覚えてる。バカリズムの千秋いじりもウケた。ホントよく拐われるやっちゃなーって思ってたもん。チェリーボーイの頃はああいうコが可愛いと思ったようなだけど、いま思うと面倒くさーですな。笑

 

 

番組のエピソード以外での思い出は、友達がスーパーファミコンのゲームソフト「ろくでなしブルース」を買ってきて徹夜で対戦してたな。そいつが薬師寺を使うの好きで、その理由が戦う前に薬師寺が言う「お前が悪い!」ってセリフが好きだからという。今でも飲むとたまにモノマネしてるような。若かったなー笑

 

 

さらに実写版の映画も見た。前田太尊を演じたのは、キックボクサー前田憲作だったんですよ。アクションシーンはさすがの動きなんだけど、体型がスリム過ぎるのと、セリフ棒読みで演技ヘタ過ぎて面白い映画だったわ。いま見たい映画ナンバーワンに浮上した。Amazonプライム・ビデオで探してみようっと。

 

 

 

漫画も久しぶりに読みたい気持ちになった。ちょうど漫画アプリ「ピッコマ」で3巻までは無料で読める→ https://piccoma.com/web/product/4781

 

 

 

最後のシーンは世界タイトルマッチで、ロッキー×アポロみたいな同時にパンチ繰り出して終わりみたいなやつだったと思う。

 

 

アメトーークで「ボクシング芸人」やってくれないかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です