今週のボクシング注目カード(3/25-3/31)~春の地域タイトル祭り開催~

今週のボクシング注目カード(3/25-3/31)~春の地域タイトル祭り開催~

今週は

春の地域タイトル祭り開催!

アジア、オセアニア、シルバー、インターナショナル、シルクロード、、各団体やりたい放題だ。価値があるのかはさておき、世界ランキング入りへの近道でもあるし、タイトルマッチということで組合せもそれなりになるからな。それに、訳わからないベルトでも応援してる選手が獲ったら嬉しいかもなので良しとしよう。祝勝会の時にレアベルトを肩にかけて写真撮りたいもんな。笑

 

 

 

3/25  フィリピン・マニラ

ファン・ミゲル・エロルデ×川島翔平

WBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級タイトルマッチ。王者はWBO世界ランク2位も持ってるから勝てば総取りだ。

 

 

 

3/27  後楽園ホール

三代大訓×渡邉卓也

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ。三代の方が実力と勢いは上だと思うけど、渡邉は地域タイトルマッチに滅法強いから面白い試合になりそう。

 

中野敬太×澤田京介

日本スーパーバンタム級20位×日本バンタム級4位のランカー対決。

 

梶颯×アーノルド・ガルデ

今回も楽勝そう。今年はチャレンジマッチが見たいですな。

 

 

ボクシングレイズで生配信!助かる~

https://boxingraise.com/

 

 

 

3/28  中国・北京

竹中良×オマールベック・マラベコフ

IBFシルクロード・トーナメント スーパーフェザー級決勝戦。いつの間にかトーナメントが開催されていたようだ。

 

 

 

3/30  中国・上海

木村翔×ウィチャー・プライカオ

OPBF東洋太平洋フライ級シルバー王座決定戦。復帰戦。これは余裕勝ちでしょう。中国での人気をさらに固めて逆輸入ですな。

 

山内涼太×ウラン・トロハツ

WBAインターナショナル・フライ級王座決定戦。勝った方がWBAの世界ランク入り確実みたい。トロハツはWBC10位、WBO14位の世界ランクを持っている。プロ5戦目の山内が勝ったら一気にジャンプアップだね。

 

バイシャンボ・ナスイウラ×今野裕介

WBAアジア・スーパーライト級タイトルマッチ。ナスイウラは内藤リッキーと接戦。

 

 

 

3/30  米国・フィラデルフィア

クドラティーリョ・アブドカクロフ×小原佳太

IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦。相手は15戦全勝(9KO)、25歳のウズベキスタン人。小原にラストチャンスを勝ち取ってもらい世界再挑戦して欲しい。ちなみにIBF世界王者は、、エロール・スペンスJR….。ま、先ずは目先の勝利だ!DAZNで生配信してくれないかな。

 

 

 

3/30

アンヘル・アコスタ×ガニガン・ロペス

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ。日本でもお馴染みの選手同士の激突。

 

ライアン・ガルシア×ホセ・ロペス

世界戦を差し置いてメインイベントに登場するのはGBP売り出し中のライアン。名前がいい。ハンドスピードも速いが女性にも手が速いのか、20歳にして父になったみたい。かわゆす〜。がんばれライアンパパ!


 

 

3/30  オーストラリア

ジェイソン・モロニー×クリス・パウリーノ

WBAオセアニア王座決定戦。エマヌエル・ロドリゲスを追い詰めたモロニーが再起。WBSSで敗退した選手の方が先に試合をしていくという困った展開に。WBSS運営よ、今後はしっかり頼むぞ。

 

 

 

3/31  神奈川・大さんばしホール

小浦翼×リト・ダンテ

OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ。そろそろ世界が見えてきましたな。

 

内藤未来×ピロム・ケンプーキアオ

がんばれミッキー!

 

溜田剛士×レネリオ・アリザラ

ヨネクラ魂。

 

そのほか内藤リッキーのスパーリングもあるらしい。

 

 

こちらもボクシングレイズで生配信!

https://boxingraise.com/

 

 

 

終盤の失速感ひどいね。。文字いっぱい打ったら疲れたのでビール飲みます。さよならー

今週のボクシング注目カード(3/25-3/31)~春の地域タイトル祭り開催~” への4件のフィードバック

  1. 守旧派の方々は、新しい地域タイトルに良い顔しない傾向がありますね(笑)
    私もそっちよりでしたが、最近の傾向をみるにつれ、少し変わってきました。

    日本のボクサーも海外に出て戦うことが増えてきたように思います。世界チャンピオンが無難な世界ランカーを対戦相手に選ぼうとした場合、地域タイトルを保有していることが選択の一因になっているな、と感じます。最近の例だと、井上岳志がIBFの決定戦の噂がありつつ、アメリカ人の都合で先延ばしにされ続けたところに、WBOでムンギア側からオファーがきたのはWBOアジアパシフィックとってたのが大きい気がします。

    1. おっしゃる通り世界戦への近道になってますね。特にWBOアジアパシフィックは。海外で戦う機会にもなりますしね。これを機に賛成派に寝返ろうと思います。笑

  2. DAZN配信
    31日A10時~  ※個人の試合時間は要確認
    ティト対ガニガン TM12R
    ライアン対ホセロペ 10R
    ロッキーエドエル対Mgender 10R
    Jゴンザレス対Rゲレーロ 10R。   ライアンとエドエルの共演は見もの!笑。しかし何度も言うけど・・・配信決まるのギリすぎ笑。

    >山内涼太×ウラン・トロハツ。WBAインターナショナル・フライ級王座決定戦。トロハツはWBC10位、WBO14位
    そしてWBOAP暫定にWBCシルバーもかつて保持(即返上)。セカンドタイトルコレクター笑。

    1. 情報ありがとうございます。本当にいつもギリギリ発表ですね。いま未契約なので悩みます〜。夜のボクシングレイズで我慢しようかな…。

      セカンドタイトルコレクター特集したいですけど、調べる気になりませんね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です