【46戦目】マガジン x ビート 表紙対決 伝説の日本バンタム級タイトルマッチ×ヒーローたちの初陣

【46戦目】マガジン x ビート 表紙対決 伝説の日本バンタム級タイトルマッチ×ヒーローたちの初陣

今月は変則でビートが12日、マガジンが17日発売。この発売日のズレが勝負に影響するか注目の一戦だ。

 

 

これまでの戦績

マガジン 17勝26敗2分

ビート    26勝17敗2分

 

 

試合開始!!

 

 

1R 誰が表紙か?

マガジン→井上尚弥、村田諒太、井岡一翔

ビート→山中慎介、岩佐亮佑

 

ボクビーの岩佐がラグビーの稲垣啓太かと思ったので、、

 

ビート 10-9

 

 

2R  意外性

笑わない男 稲垣がめっちゃ笑ってる意外性、、

 

ビート  10-9

 

 

 

3R  キャッチコピー

マガジン→デビュー戦特集 ヒーローたちの初陣Debut

ビート→ スペシャル対談 拳友再会 山中慎介VS.岩佐亮佑 伝説の日本バンタム級戦を初めて語り合う

 

マガジンのDebutの文字は気になるが、文字を読んで映像が浮かぶのはビートだな。過去の試合をあまりフルで見ないんだけど、この日本タイトルマッチは何回見てもドキドキするからな!

ビート 10-9

 

 

 

4R  アンケート

Twitterでどっちがいいかアンケート取って、それを採点に反映させるのだ!ブログ読者の一票が勝敗を分けるかも?!

124票、ご協力ありがとうございます!ビート2ヶ月連続勝利。苦手を克服しましたかな。

ビート 10-9

 

 

 

5R  ヘッダー

マガジン→興行再開!2020年ビッグマッチの行方[世界・国内]

ビート→元祖怪物もいた――特集「バンタム級をメキシカンが支配した時代」

 

ビッグマッチ大好きだからマガジンとしたいところだったが、バンタム級・メキシカンと言ったら、ホセ・メンドーサでしょう!ホセ特集を期待して、、

 

ビート 10-9

たぶんホセそっくりのカルロス・サラテが出てくるでしょう。笑

 

 

 

6R  情報分

マガジン

①最新ホープ群像

②[インタビュー]ホルヘ・リナレス

 

ビート

①矢尾板・坂本・天笠各氏が振り返る 世界に手が届きかけた  わが「決定的瞬間」

②永田大志ー井上浩樹ほか 国内リング、波乱の再開 海外注目試合一挙紹介

③バンタム級がメキシコの怪物たちに支配された時代

④特別ギャラリー 福田直樹「アクション」以外のベストショット

 

福田さんのアクション以外フォトギャラリーがそそられる。しかし、マガジンの三者のデビュー日が為になったので、、

 

マガジン 10-9  

Kazuto Ioka 2009.4.12

Naoya Inoue 2012.10.2

Ryota Murata 2013.8.25

リナレスの回復も祈る!

 

 

 

7R  表情

ビートはナイススマイル、対するマガジンは初々しいもののすでに風格を漂わせ凛々しい表情のチャンピオン3人。決め手は村田の眼がガン決まりしてるのとモンスターの極細眉毛だ!!

 

マガジン  10-9

もう少しでダウンぐらいのインパクト。当時は真吾トレーナー、拓真も極細眉毛で尖ってましたなー。笑

 

 

 

8R 女子目線

ワイフと娘に雑誌名を隠して直感でどっちが良いか聞いてポイントを割り振るラウンド。

ワイフ「マガジン、メンバーがいいから」

娘「井上の方、ボクシング感があるから」

 

やっぱり2人とも岩佐のことをラグビー稲垣だと思ってました…。

 

マガジン  10-9

 

 

 

9R  レイアウト

マガジン→モンスターがファイティングポーズの後ろでラオウ&唯一無二のガッツポーズ。文字が白とゴールドで統一されててスッキリ。

ビート→さわやかなブルーの背景とロゴで夏感あり!岩佐の黒Tシャツバックに白文字で見やすい。真ん中下の試合写真でボクシング雑誌感をトッピング。

 

どっちもいいから迷う…。井岡が正面向いてたらマガジンで決まりだったんだが、笑顔が飛び込んでくる色合いとレイアウトの、、

 

ビート  10-9

 

 

 

カンカンカンカン!!

87-84

ビートの勝ち!!

 

 

 

 

 

でらボクシングの表紙は、ダイエット企画です。

新旧の日本バンタム級王者対談アナザースカイ。鈴木悠介チャンプの太りっぷりヤバいよね。現役ボクサーのこんなダルダルの身体は初めて見ました。。

 

 

 

発売中のビートを読みながら17日発売のマガジンを待ちましょう!

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥1,150 (2020/09/29 09:56:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥980 (2020/09/29 09:56:41時点 Amazon調べ-詳細)

どっちも面白そうです!

 

 

 

さよならー

 

 

【46戦目】マガジン x ビート 表紙対決 伝説の日本バンタム級タイトルマッチ×ヒーローたちの初陣” への6件のフィードバック

  1. おひさです。
    山中さんと稲垣さんの異色対談に一票。違うの?
    お相撲さんにチャンピオンベルトを巻いてはいけませんねー。取り上げましょう。

    1. 岩佐と稲垣…ボクシング知らない人は本当に間違えそうな気がします。笑
      ビートを読んだら、岩佐は現在67kg。それを遥かに上回っていそうな鈴木の体重がとても気になります。。

  2. マガジンの右の人、金髪、緑と白のトランクス、カメラアングルのせいもあって、田中恒星かと思ったです(笑)

    井岡、こんなんだったですね、そういえば……井上のライトフライ時代は、普通に覚えてるけど、井岡のミニマム時代は世界戦以外記憶にないです。関西だからかな……

    1. 言われてみると、、田中恒成に似てますね。
      私もミニマム級の井岡の記憶は初世界タイトルマッチと八重樫との統一戦ぐらいですね〜。

  3. 個人的に金沢オリバレス並みに惜しいと思うリゴンドー戦扱ってるから、ビート誌GJ

    大金星の内藤ポンサクや小國グスマンの裏側も知りたいな。絶対に面白そう。

    ライト層に届く企画ビート誌のグッドポイント!

    1. リゴンドー×天笠の裏側は興味をそそられますよね!天笠がダウン奪ったときは叫びました。
      おっしゃる通り、ビートはライト層にも届くよう考えている感じですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です