“GOD LEFT” 山中慎介、文化放送のデビュー戦で敗れる…

“GOD LEFT” 山中慎介、文化放送のデビュー戦で敗れる…


今日は井岡一翔×田中恒成の話で持ちきりですが、それはあとで書くとして、緊急性のある方を優先します!期限は1週間だ。

 

 

“ゴッドレフト” 山中慎介がラジオに生出演していた。

告知がノーモーション…。もっと前もって知らせてくれー。生で聴けなかったがradikoのタイムフリーで聴きましたよ。

 

 

スポスタ ☆ MIX ZONE | 文化放送 | 2020/11/08/日 | 15:00-16:00

http://radiko.jp/share/?t=20201108153825&sid=QRR

聴取可能期限は1週間なので11/15(日)までだと思うので急ぐべし!

 

 

MIX ZONEとは、競技エリアと控え室との間にある取材用の場所のことで、トップアスリートや、それを支えたスタッフ・関係者の方を交え、リスナーと一緒にMIXしながら様々な角度でスポーツにフォーカスするという番組だ。

 

 

コーナーの短い時間でゲスト出演じゃなく、1時間たっぷり出演するスタイル。しかも生放送!ゴッレフの12Rフルラウンドより長い時間をトークしなければいけない。山中のハスキーボイスが更にカラッカラになってしまうのでは…。

 

 

心配は要らなかった。引退から2年半、色々な番組で経験を積んだゴッレフのトーク力は格段に成長していたのだ。

 

 

【主なトーク内容】

・イクメンオブザイヤー

3人目の娘が誕生したばかり!おめでとうございます!!いまのところゴースケくんはボクシングに興味なしみたい。ま、ゴースケくんがデビューしたら慎介パパは不安だろうからな…

伝説の「はじめてのおつかい」笑

 

・神の左が徹底解剖”モンスター” 井上尚弥の強さの秘密!

期待されてる中で結果を出す凄いボクサーだと大絶賛していました。ジェイソン・マロニー戦の解説やモンスターを初めて知った時期なども。

 

・ボクシングを始めたキッカケ

辰吉丈一郎のWBCのベルトがとても輝いてみえた。サウスポーに変えたキッカケも。

 

・世界チャンピオンになった時の変化

帝拳ジムは待遇のグレードアップあるんだってー!初防衛戦を迎えた時にチャンピオンになった実感があったようです。

 

・12連続防衛の秘訣

「防衛戦に挑む」という気持ちだった。

 

・番組のメッセージ募集のテーマが「あなたと減量の思い出」

最後の試合は8kg落としてた。1ヶ月前から時間をかけて落とすスタイル。高校時代はフェザー級で減量なし。プロでバンタム級53.5kgは自分で選んだ。「減量よりダイエットの方が大変やと思います」笑

 

・中谷潤人×マグラモについて

自分と同じ日に戴冠で親近感あり

 

・ラーメン大好き山中さん

詳しくは番組ホームページを↓

http://www.joqr.co.jp/mix/2020/11/post-135.php

収録時の写真もあり雰囲気が分かりますよ。

 

 

そしてタイトル回収のやつ。

・競馬をやる

最近予想の調子は良いらしく、意気揚々とアルゼンチン共和国杯(GⅡ)の予想をするも、外してテンションめっちゃ下がるゴッドレフト⤵︎⤵︎

「山中慎介、文化放送の競馬予想デビュー戦で敗れる…」

 

負けたのは競馬でしたー。

リベンジマッチは”KOD”内山高志 & “ボンバー” 三浦隆司と三つ巴でお願いします。笑

 

 

 

MC舘谷春香さんが元々ボクシング好きなのか、予習をしっかりしたのか分かりませんが、質問が上手でゴッドレフトが話しやすそうでしたねー。ゴッレフのレベルアップを感じたラジオ出演でした。必聴です!

スポスタ ☆ MIX ZONE | 文化放送 | 2020/11/08/日 | 15:00-16:00

http://radiko.jp/share/?t=20201108153825&sid=QRR

さよならー

 

 




“GOD LEFT” 山中慎介、文化放送のデビュー戦で敗れる…” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です