3.11 フェニックスバトルのテレビ観戦感想文

3.11 フェニックスバトルのテレビ観戦感想文

2ヶ月ぶり2回目の60時間以上情報遮断に成功しましたよ。一度過酷な減量をすると体が慣れると言いますが、情報抜きも前回より楽に感じました。笑

 

 

早起きしてヘッドホン装着で見た感想文スタート。

 

“JUSTICE”平岡アンディ×木村文祐

身体がひと回り大きいアンディ、パンチ音は2回りいやさ3回り大きい。回転速いし角度も多彩。サウスポーから左のストレート、フック、アッパー、スマッシュ。木村サイドの関西弁の指示が丸聞こえで観客が苦笑してた。アンディの攻めとトレーナーの檄の猛攻を耐え続けた木村だが一方的に打たれ続けたところでレフリーが止めた。アンディの3R TKO勝ち。本人がヒーローインタビューで言ってたように「次はタイトルマッチ」でお願いしたいですね。

 

 

武居由樹×高井一憲

元K-1チャンピオンのデビュー戦。1分ぐらい感触を確かめたあとは、離れた間合いから一気に踏み込み豪打を打っ込む。1Rで2回倒して快勝。八重樫東トレーナーもニッコリ。次はランカークラスとの対戦を見たい。

 

 

ここまで2試合は予想どおり。いよいよお目当ての私的メインイベントです!

 

桑原拓×湊義生

桑原がリングを大きく使いサークリング、そこからジャブ、時折アッパーもジャブみたいに打つ。湊が打ち終わりを合わせてくるが桑原は右のガードもしっかり高いので被弾しない。湊もガード固く、怯まずに2.3.4と打って時折見せ場を作る。中盤は桑原が相手を呼び込んでカウンター狙いに切り替えパンチをバシバシ当ててポイント取ったと思ったら、終了間際に湊が気合の反撃でビッグヒットという展開が続くが、桑原はディフェンスのテクニックも素晴らしくまともには貰ってない。最後まで桑原のスピードは落ちないどころか上がってくる、湊の気迫も同じで最後まで一発を感じさせた。判定は二者フルマークで桑原の勝ち。しかし採点よりもスリリングな試合で大満足だった。湊のタフネスおそるべし。桑原は一部では”井岡一翔2世”と言われるが、スタイルは”モンスター”井上尚弥だね。次は日本またはアジアのタイトルマッチでしょうかね。

 

 

情報遮断した甲斐のある試合でした。目覚めスッキリ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です