たまにはアマチュアボクシングのことも 10.26〜男子世界選手権

たまにはアマチュアボクシングのことも 10.26〜男子世界選手権

10/26から開催されるアマチュアボクシング男子世界選手権。開催地のセルビア🇷🇸ベオグラードに日本代表が到着した。最近の日本ボクシング連盟は頻繁に情報公開がされており、”歴史に生まれた歴史の男”山根代表時代と比べて透明性が増した印象だ。いいね!

 

https://jabf-revival.com/

 

大会は主催するAIBA(国際ボクシング協会)が今年8月に改訂した13階級で行われ、男子日本代表は10階級でエントリー。その代表メンバーがアマボクに詳しくない私でも知ってる名前がずらりだ。

階級日本代表
ミニマム級:46-48kg荒竹一真(駒澤大学)
フライ級:51kg田中将吾(東洋大学)
バンタム級:54kg坪井智也(自衛隊体育学校)
フェザー級:57kg堤麗斗(東洋大学)
ライト級:60kg堤駿斗(東洋大学)
ライトウェルター級:63.5kg今永虎雅(東洋大学)
ウェルター級:67kg岡澤セオン(株式会社INSPA)
ライトミドル級:71kg秋山佑汰(自衛隊体育学校)
ミドル級:75kg森脇唯人(自衛隊体育学校)
ライトヘビー級:80kg梅村錬(株式会社ラクウン)

クルーザー級:86kg、ヘビー級:92kg、スーパーヘビー級:92kg超は日本選手のエントリーなし。

 

全員名前を聞いたことがある選手で最強の日本代表なのでは?!あまり知らないくせにテキトー言ってます。

 

 

この大会は優勝に10万ドル(約1140万円)、準優勝に5万ドル(約570万円)、3位に2万5000ドル(約285万円)の高額賞金が授与される話題の大会だ。プロボクシングの人気ない世界チャンピオンのファイトマネーを超えてそう。夢のある金額でちびっこボクサーたちの目標になればよいですね。競技人口拡大だー!

 

 

さらに優勝者にはチャンピオンベルトも。

ちょっとK-1っぽい。

 

 

今大会のグローブが白なんだって。これまでは赤コーナーの選手が赤色、青コーナーの選手が青色のグローブを付けてたいたが、判定への不公平、不透明が指摘される中で「再出発を示すため意思表示として白色を選んだ」とのこと。IOC(国際オリンピック委員会)へのアピールにもなるかな。ちなみにパリ五輪2024は男子7階級、女子6階級だ(東京2020は男子8階級、女子5階級)。男子の7階級は少なすぎるな…フライ・フェザー・ライト・ウェルター・ミドル・ヘビーとか?フライなしでスーパーヘビーもありえる……。

 

 

話が逸れた。私の注目選手を3人紹介して終わりにしよう。

 

堤駿斗→東京五輪出場を逃した鬱憤をここで!

堤麗斗→ユースからシニア大会でも怪物ぶりを!

岡澤セオン→ヴゥ!ハイ

 

 

がんばれ日本!さよならー

 

 

たまにはアマチュアボクシングのことも 10.26〜男子世界選手権” への4件のフィードバック

  1. これ楽しみにしてます!
    いつも詳しい情報ありがとうございます!
    堤兄弟が、これまでと階級が上下逆になってるのが、個人的注目ポイントです。
    アマってプロでは考えられない大幅な階級変更をすぐしますよね。
    兄はバンタムからライトへ、弟がフェザーに下げています。身長からするとこの方が自然ですが、バンタムからライトってプロだとありえないじゃないですか。

    1. 堤ブラザーズ、たしかに上下逆ですね。そして大幅な階級変更。適正階級で良い結果が出るのを期待です!楽しみな大会ですねー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。