12.14 井上尚弥 vs IBF6位 ケンナコーン?ディパエン?

12.14 井上尚弥 vs IBF6位 ケンナコーン?ディパエン?

“Monster”井上尚弥の次戦について各スポーツ紙で報道された。相手の名前は、、

 

サンスポ

井上尚弥が12月14日に東京でケンナコーンと防衛戦/ボクシング

https://www.sanspo.com/article/20211022-UZN63T4MUBJFRJ7OIZZ62KLGKA/

 

 

スポーツ報知

井上尚弥が12・14東京で防衛戦とIBF発表… 相手はKO率78・6%のIBF6位ディパエン

https://hochi.news/articles/20211022-OHT1T51048.html?page=1

 

 

ケンナコーン?ディパエン??情報が錯綜しているわけではありません。

boxrec

https://boxrec.com/en/proboxer/867886

Aran Dipaen

alias → Kennakorn GPP Ruakaimook

タイ人ボクサーは本名とリングネームが別なんですよー。当ブログではアラン・ディパエンの方で書く。ディパエンは30歳。身長162センチ、オーソドックス。戦績は12勝(11KO)2敗。KO率78.6%なのでハードパンチャーと書かれているが、対戦相手の質はかなり低い。IBF6位になっているのは今年3月にIBFパンパシフィック王座を獲得しているから。まー、、モンスターの相手では無いでしょう。フジテレビで生中継すると思うので、早く倒しすぎないのを祈るばかり。

 

 

最初のサンスポの記事では開催地は「東京」となっている。2年ぶりの日本凱旋試合2年ぶりの日本凱旋試合、1万人オーバー(コロナで50%かも)の会場だと、有明コロシアム・代々木第一体育館・日本武道館・両国国技館のどれかかな。火曜日で平日なのでアンダーカードが魅力的じゃなかったらテレビ観戦でいいや。

 

 

さらに交渉してた相手についても書かれていた。元WBA世界バンタム級スーパー王者 ルーシー・ウォーレン、WBA2位、IBF9位のゲーリー・アントニオ・ラッセルと米国開催でオファーを出したが断られたと。元世界王者か無敗のトップランカーだったら防衛戦としては申し分なかったけど仕方ない。

 

 

右がディパエン。弱そう。。

 

 

豪快なKO勝ちを楽しみにしよう。正式な発表を待ちます!さよならー

 

12.14 井上尚弥 vs IBF6位 ケンナコーン?ディパエン?” への5件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。