ショーン・ポーター引退表明、尾川堅一NY到着、勅使河原弘晶は来月カリフォルニア

ショーン・ポーター引退表明、尾川堅一NY到着、勅使河原弘晶は来月カリフォルニア

タイトルに挙げた3人の選手について書く。

 

 

1人目は“Showtime”ショーン・ポーター

日曜日にテレンス・クロフォードと大激闘を繰り広げたポーターが現役引退を表明した。戦績36戦31勝(17KO)4敗1分。記録より記憶に残るというやつか、2回世界王者になってるから記録にも残るけども。ウェルター級の門番として一線級と殆ど戦い、誰とやっても面白い試合になる、負けても見せ場を作る選手だったよね。黒字は勝利赤文字が敗戦

 

アルフォンソ・ゴメス(亀海喜寛に勝利)

フリオ・ディアス(元IBF世界ライト級王者)

デボン・アレキサンダー(世界2階級制覇王者)

ポール・マリナッジ(元WBA世界ウェルター級王者)

ケル・ブルック(元IBF世界ウェルター級王者)

エイドリアン・ブローナー(世界4階級制覇王者)

キース・サーマン(元WBA世界ウェルター級スーパー王者、元WBC世界ウェルター級王者)

アンドレ・ベルト(元WBC世界ウェルター級王者、元IBF世界ウェルター級王者、元WBA世界ウェルター級暫定王者)

ダニー・ガルシア(世界2階級制覇王者)

ヨルニデス・ウガス(現WBA世界ウェルター級王者)

エロール・スペンスJr.(現WBC & IBF世界ウェルター級王者)

テレンス・クロフォード(3階級制覇王者、現WBO世界ウェルター級王者)

 

まさにショータイム!盛り上げてくれたなー。お疲れ様でした。エキサイティングをありがとう。

 

 

 

次はファイトウィークに突入した”Crush Right”尾川堅一

ニューヨークに到着、長旅の疲れもなく会場のMSGの下見も完了したようだ。

https://www.teiken.com/info/index.html#anc15618

初日の調子を聞かれた尾川は

「絶好調です、エクセレント!」

明るくて良いね。そのまま好調をキープしてリングで大暴れ頼むぞ。

“The Golden Boy” アジンガ・フジレもニューヨーク到着。週末の試合が楽しみだ!

 

 

 

最後は”Cruch Boy”勅使河原弘晶”テッシ―”

ついに決まった!

12/11 アメリカ・カリフォルニア

IBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦

“Crush Boy” “テッシー”

勅使河原弘晶

31歳(三迫)22勝(15KO)2敗2分 同級3位

vs

“Maranding Nightmare”

マーロン・タパレス

29歳(フィリピン) 34勝(17KO)3敗 同級4位

 

勝者はムロジョン・アフマダリエフに挑戦できる権利を得る。テッシ―は試合間隔があいたが1年間みっちり加藤健太トレーナーと基礎を固めてきたようだ。基礎と持ち前の野性味が融合された新スタイルも楽しみだ。この日のメインイベントはWBC世界バンタム級タイトルマッチ ノニト・ドネアxレイマート・ガバリョ。スーパーライト級のプロスペクトであるブランドン・リーの出場も決まっているので、セミセミかな~。WOWOWエキサイトマッチ生中継の放送枠には入るでしょう!

WOWOW_新規申込

 

 

スター選手がリングを去っても、またニュースターが現れる。ボクシングは永遠に不滅です!本当か…笑

さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です