「PXB PHOENIX BATTLE 85」ひかりTV視聴の感想文

「PXB PHOENIX BATTLE 85」ひかりTV視聴の感想文

やはりボクシングは生に限る!現地観戦が最上級だけど、ライブ配信のリアルタイムを感じれる一体感は貴重だ。ひかりTV観戦の感想文を書きます〜。

 

 

”サウスポーの蒼き流星”

長沼 蒼大

vs

”ファインディング・ジョー”

万丈 将輝

左2発の120秒決着で長沼がデビュー戦を飾る。早く終わったので長沼が強いのか万丈が弱かったのか分からなかったけど、次も注目する。

 

 

”灼熱領域”

遠藤 祐介

vs

”蘇る疾風伝説”

廣瀬 祐也

レポーターのかわいこちゃんが2勝2敗2分を「ニショウニハイニブ」って言ったのを聞き逃さなかったですよw サウスポー廣瀬がプレッシャーかけてロープに追い込むが、遠藤がロープ・ア・ドープみたいに反動を利用して思い切りの良い右ストレートで先手を取る。しかし2R、廣瀬が左のカウンターでダウンを奪って逆転。その後は一進一退のまま判定へ。冨樫リングアナのコールは、最初は1-1ドロー→修正して赤コーナー遠藤の勝ち→さらに修正て青コーナー廣瀬の勝ちで確定。誰のミスかは分からないがこういうのはプロスポーツとしてダメです。。

 

 

“三浦流拳闘術 正統後継者”

入稲福 敬

vs

”褐色のヒマラヤンタイガー”

KC プラチャンダ

どっちも全弾フルパワーの迫力があった。入稲福も時折ボディーを効かせる場面があったが、ラウンドを取るまでは詰めきれない感じで全体的にプラチャンダがリード。判定もそんな感じで3-0勝ち。

 

 

”必勝の左爆撃機”

保田 克也

vs

”鉄壁の琉球サラブレッド”

仲里 周麿

サウスポー保田が呼び込んで右フック、左ストレートでカウンターをビシバシ当てて完全にペース取ったと思ってたら、仲里がクリンチ際の攻防でパンチをねじ込み強引にダウンを奪い流れを引き寄せた。肉を切らせて骨を断つ作戦が功を奏したね。保田の方がボクシングセンスは上だったと思うけど、気迫とパワーに凌駕されたね。これもボクシングの醍醐味だなと思いました。ヒートマッピングがVサインみたいだった✌︎

 

 

”凡庸人型決戦兵器”

古谷 昭男

vs

”ワイルドファングサウスポー”

橋詰 将義

橋詰がセンスあるのは知ってたが、タイトルマッチで仕上がり万全でいつもよりもジャブがシャープでガードの隙間から突き刺す。驚いたのは古谷だ。初見なんだけど、もっと愚直な感じかと思ったらパンチにキレあるしサウスポーも全然苦にしない。ぜんぜん凡庸じゃない。ただ橋詰がギアを上げたらスピードとテクニックの差で圧倒。防御面でもポジショニングと体を入れ替えるタイミングが抜群で、ほとんどロープに詰められない。古谷はスタミナ豊富で最後まで攻めたけど攻めきれなかった印象。橋詰が115-113、116-112、118-110の3-0勝ち。激戦区のスーパーフライ級にまた魅力的な選手が現れた。

 

 

”THE BLADE”

平岡 アンディ

vs

”野獣が奏でるブラジリアンビート”

アオキ クリスチャーノ

先にクリスがノリノリの音楽で入場。アンディがロマゴンばりのメロウな音楽で入場だったのだが、クリスはヘッドホンをしてノリノリをキープ。これは斬新だ。戦前の予想どおり試合開始からクリスが攻め込むが、アンディは終始フットワークとボディーワークを駆使して余裕があったと思う。思ってたよりは長引いて、途中ほんの少し雑に感じたところがあったけど、さすが大崩れはなく、フィニッシュは圧巻だった。クリスは我慢して我慢してのダウンで怖い倒れ方だったが大丈夫そうで良かった。勝ったアンディの全然満足いかない表情を見て、まだまだ強くなるなと思いました。世界スーパーライト級は一筋縄ではいかない階級だけど、可能性を感じました!

 

 

 

4時間超の長丁場だったけど見どころ豊富で面白かったです。さよならー

「PXB PHOENIX BATTLE 85」ひかりTV視聴の感想文” への3件のフィードバック

  1. 今日は夜勤あるから、後でゆっくり見れば良いと思って寝てしまいました……
    ひかりTVて追っかけ再生出来ないんでしたね……完全に忘れてた……
    アーカイブ出来るのもソコソコ時間かかるような…で諦めて皆さんのレビューで楽しませてもらいました。
    何のために加入したのか……凡ミス……

    1. お仕事ご苦労様です。
      ひかりTVまだアーカイブ上がってませんね。。せっかく契約してるのに残念でしたが、次に気をつければOKですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。