【65戦目】マガジン×ビート表紙対決 ゲンナジー”GGG”ゴロフキンvs村田諒太

【65戦目】マガジン×ビート表紙対決 ゲンナジー”GGG”ゴロフキンvs村田諒太

ボクシングマガジン&ビート あす発売!

 

これまでの戦績

マガジン 24勝38敗2分

 ビート    38勝24敗2分

 

毎月恒例の表紙対決スタート!!

 

 

1R 誰が表紙か?

マガジン&ビートともに、、

ゲンナジー”GGG”ゴロフキンvs村田諒太

 

まー、日本ボクシング史上最大の試合が決まったんだから表紙になるかー。

 

10-10

 

 

 

2R以降をシャッフル。便利なサイト。

https://順番決め.com/

 

 

2R レイアウト

文字と写真の配置は同じ。背景が黒と白で対照的。マガジンのトランクスも映った全身写真は軽量級では出せない中量級の厚みと迫力を感じる。ビートはキャッチコピーが大きい赤文字で目を引く。両者の目線もピッタリ。決め手になったのは合成の丁寧さ。マガジンは両者の光の当たり方が違和感あるの(特に村田の顔が暗め)と、下に映り込むロープを消してくれてたら…と思っちゃったので、、

 

ビート 10-9

 

 

 

3R キャッチコピー

マガジン→史上最大の決戦。

ビート→THE FIGHT

 

今日は朝から英語(正確にはカタカナ語ですが)をいっぱい読んで疲れていたので、「史上最大」でホッとしました。笑

マガジン 10-9

 

 

 

4R 表情

マガジンは試合開始っぽくて、ビートは試合真っ只中といった感じ。ゴロフキンの顔力がハンパないので、、

 

ビート 10-9

 

 

5R ヘッダー

マガジン→4.9 世界ミドル級王座統一戦完全プレビュー

ビート→歴史的一戦迫る 世界ミドル級チャンピオン対決プレビュー大特集

 

ほぼ一緒ですね。

 

10-10

 

 

 

6R アンケート

Twitterでどっちがいいかアンケート取って、それを採点に反映させるのだ!ブログ読者の一票が勝敗を分けるかも?!

248票。史上最多投票数かも!ビッグマッチにふさわしい。皆様ご協力ありがとうございます。

 

ビート 10-9

 

 

 

7R 意外性

どっちかは矢吹正道x寺地拳四朗かなと期待したが、ミドル級の統一戦が日本で決まったのだから仕方ないでしょう。

 

10-10

 

 

 

8R 説明文

マガジン

①[世界戦プレビュー]中谷潤人x山内涼太、矢吹正道x寺地拳四朗

②井上尚弥”勝負の年”へ始動

ビート

①展望 立場を入れ替えて直接再戦 矢吹と寺地、それぞれの「自信と勝算」

②特集 SUPER-FLY WARS ロマゴン大勝 なんと!アンカハスここで堕ちた 新王者フェルナンド・マルチネスのボクシング解説

③特別企画 エキスパートが占う「カネロが負ける日」

④ウクライナ情勢に胸を痛める ボクシング人の反応

⑤こちらも見逃せない 中谷x山内、吉野x伊藤

 

いつもどおりビートの手数を取ろうと思ったが、元「週刊プロレス」編集長 ターザン山本の記事→ https://hochi.news/articles/20220310-OHT1T51006.html?page=1 に感化されたので、、

”みんな、写真もコピーも足し算をしたがるんですよ。だけど、僕は徹底して引き算をするんです。写真は1点、コピーも一点主義。そうすることによってファンは『他にいっぱい試合があるのに何でこれだけなんだ?』と思うわけですよ。その瞬間に一点のインパクトと意外性とアジテーションが生まれるんですよ。一点主義を徹底することで、逆に載っていない人が浮かんでくるんです”

 

マガジン 10-9

選手名がフルネームなのも良い。

 

 

9R ジャイアン

水道橋にあった伝説のボクシングバー「GLOVE」元マスターによる独断と偏見でジャッジするラウンドだ。LINEでのやり取りをほぼノーカットで掲載しますw

デラ「どっちですかーー?」

マスター「ビートっす。ビートの表紙で好きなバージョンの1つです。尚且つTHE FIGHTめっちゃカッコいいやん」

 

ビート 10-9

 

 

 

10R 女子目線

ワイフと娘に雑誌名を隠して直感で最近は見る目が育ってきて隠してもどっちか分かるようになったので、普通に見せて、どっちが良いか聞いてポイントを割り振るラウンド。

ワイフ&娘「マガジン。ビートの左、変顔しすぎて事故画じゃん(娘)」

ゴロフキンが試合前はニコニコの紳士だけど、リングに上がると豹変してビートの表紙の顔になるんだよと教えてあげたら「二重人格じゃん」と更にドン引きしてました。GGGの迫力が裏目に出たようで…。

 

マガジン 10-9

 

 

 

カンカンカンカン!

 

96-97で

ビートの勝ち!!

 

大接戦でしたな。

 

でらボクシングの表紙は、

昨日の余韻が残りまくりだったのでリー・ウッド×マイケル・コンランを選んだ。間違いなくファイトオブザイヤー2022候補になりますよね。

リー・ウッド×マイケル・コンラン DAZN観戦の感想文

 

 

すでにゴロフキン×村田の試合まで1ヶ月を切っている。そろそろゴロフキンも来日かな。興奮しちゃうなー。それまでに特集を読んで高めておきましょう!

created by Rinker
¥980 (2022/10/01 07:18:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,180 (2022/10/01 07:18:03時点 Amazon調べ-詳細)

さよならー

【65戦目】マガジン×ビート表紙対決 ゲンナジー”GGG”ゴロフキンvs村田諒太” への2件のフィードバック

  1. 女子目線の反応が納得いかなかったです(笑)すみません。
    自分は迫力ある表情ですな〜…としか感じてなかったので……

    1. ゴロフキンのこと知らないと、ただただ怖い顔した外国人に見えるのかもですねー。笑
      私もKOKOさんと同じでGGGらしいド迫力だと思いましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。