パンヤー・プラダッブシー×田中教仁 YouTube視聴の感想文

パンヤー・プラダッブシー×田中教仁 YouTube視聴の感想文

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ パンヤー・プラダッブシー×田中教仁をYouTubeのライブ配信を見ました。

パンヤーはペッチマニー・CPフレッシュマートという別名?本名??もある。CPフラッシュマートは宣伝バンバン流れてたからスポンサー名かな。タイはリングネームの後ろにジム名とか付けるし。

 

いちおう18時過ぎに一回YouTubeに繋いだ。というのもボクシングビートのTwitterで「18時スタート、田中の試合は2試合目を予定」とあったから。

https://twitter.com/beat_macc/status/1564800645638393856?s=21&t=-Dxk2VkFMToUbq2UshQ5bg

18時は現地時間だったみたい。タイと日本の時差は2時間なので、20時過ぎにもう一度見たら両者がリングインしていた。

しかし、そこからタイ王国恒例の長い長いセレモニー。。タイの選手も嫌にならないのかな。

唐突にセレモニー終わっていきなり試合開始ですわー!タイ語のみの放送でセレモニー中はしっかり見てなかったから途中でリングコールしてたのかね。

 

2Rぐらいまでは様子見。田中も長いセレモニー明けで体が温まっていない感じあり。3Rから田中が圧力強め接近戦を試みるが長身のパンヤーの上手さ強さが上だった。接近戦に付き合ったり距離とってコンビネーション。

田中の気迫は最後まで衰えず見せ場もあったが、全体通してパンヤーの危なげない勝利という感じでした。判定3-0でパンヤーの防衛。田中はタイで2回目の世界挑戦、実力は発揮できた気がする。お疲れ様でした。

 

生きてるうちに鬼門タイで世界タイトルマッチで勝てる日本人選手を見れるのかしら。あ、江藤光喜が勝ってるか。JBCよ、江藤の暫定タイトルは正規王者扱いしても良いのではないか。

 

 

長いセレモニー中に、田中教仁ってキックボクシングの「戦え!ひでりん」に似てるなぁと思ってググってみた。2000年代のキック見てない人からしたらハテナでしょうけど。いまK-1で活躍しているレオナ・ペタスのトレーナーです。で、検索結果を見たらそんなに似てないという…。長くて酒飲みすぎたのかな。笑。おやすみなさーい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。