DANGAN「山中慎介バンタム級トーナメント」の出場者を考えてみた

DANGAN「山中慎介バンタム級トーナメント」の出場者を考えてみた

 

https://twitter.com/boxingdangan/status/1116805907428438021?s=21

DANGAN山中慎介バンタム級トーナメント開催決定!!

 

8人で賞金100万円を争うトーナメント。DANGANは日本ボクシング界を盛り上げようと頑張ってくれますねー。私は一時期K-1に浮気したくらい無類のトーナメント好きなのでとても楽しみだ。仕事中にランキング表を睨み出場してもらいたい選手を考えた。

 

 

【参加条件】

・OPBF東洋太平洋、WBOアジアパシフィック王者

・日本王者

・A級ライセンス・ボクサー

 

 

【スケジュール】

一回戦 7/23(火) 6R

準決勝 10/31(木) 8R

決勝 2020年1月予定

タイトルマッチの場合は10・12Rになるようだ。

 

 

バンタム級のタイトルホルダーをおさらいしておこう。

WBA世界”レギュラー”王者 井上尚弥

WBC世界”暫定”王者 井上拓真

OPBF王者 栗原慶太 5/10 ワルリト・パレナスと対戦予定

WBOアジア王者 ベン・マナンキル 5/26 ストロング小林佑樹と対戦予定

日本王者 ”正規”齊藤裕太 x ”暫定”木村隼人 4/18 統一戦

 

 

いちおう世界王者も書いたが除外として、順番に検証してみる。

OPBF栗原はスケジュール的にはギリギリか。パレナスは35歳だけど強敵だからなぁ。ダメージなければって感じか。パレナスにスカッと勝って、トーナメント出場となったら自信マシマシ状態の優勝候補になるだろうね。WBOアジアはストロングが勝ったとしても日程的に無理そう。ところで日本人限定なのかな?日本王者は4/18の統一戦勝者はちょうどいいスケジュールだし参戦して欲しい。日本王者が出場したらトーナメントの格も上がるからね。

 

タイトルホルダーからは栗原慶太齊藤裕太 or 木村隼人の2人で決まった。

 

 

続いてランカーからピックアップだ。

日本1位の鈴木悠介も4/18試合。ケガでタイトルマッチを流した不運を取り戻す願ってもないチャンスかと。決まり!

2位の澤田京介は3/27に良い内容で中野敬太に勝利。タイミングもバッチリで参戦でしょ!

3位 田中一樹、昨年8月に現OPBF王者 栗原にKO負け。4/21に(たぶん)噛ませタイ人と復帰戦。ノーダメージだろうからエントリーしてきそう!

4位 大嶋剣心。帝拳ジムの大先輩の冠名がついたトーナメント、、出るしかないでしょー!台風の目になりそう。大会自体が華やかになるしね。

5位 清瀬天太 2/10にWBOアジアの王座決定戦で敗れている。ちゃんと見たことないので、後楽園ホールに乗り込んできてほしいね。

ここまでで7人決まった。上位ランカーが全員エントリーしたら熱いね。

 

 

8人目は、目玉選手をピックアップだ!

10位 ”パンチ”山下賢哉 

最近パンチパーマじゃないけど。前戦は元世界王者カシメロに敗れたものの敵地に乗り込んだ意気込みとジム移籍の成果を見せるチャンス。トーナメントにはキャラの強い選手も必要だからね。

 

 

負傷や辞退する選手もいるだろうからリザーバ―も必要だ。9人目は、、

5/10に激突する16位千葉開 x 17位中川抹茶の勝者に出場権を!さらに緊張感のある試合になりますな。若手サバイバルマッチを生き残った勢いは魅力だ。

 

 

最後10人目、、トーナメントにはもう一花咲かそうとする名前のあるベテランが欲しい。WBSSでいうとドネアみたいな。フィリピ―ノ・フラッシュ……ジャパニーズ・フラッシュ、、

”赤鬼”赤穂亮

ここのところ消化不良の赤鬼の復活舞台にピッタリでは。「余裕っしょ!全員殺すよ!!」すでに煽りVTRが脳内でクッキリ見えました。笑

 

 

妄想し過ぎて、ちょっと残業になってしまった。。楽しかったから良しとしよう。

 

 

優勝者には賞金100万円。世界ランカーとの対戦などの特典も検討中とのこと。

参加申し込みは5/15(水)まで!

男の中の男、、

出てこいや!!

 

 

さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です