セペダvsバランチク 2020年ファイト・オブ・ザ・イヤー有力候補に!

セペダvsバランチク 2020年ファイト・オブ・ザ・イヤー有力候補に!


10.3🇺🇸ラスベガス

ホセ・セペダ×イバン・バランチク

WBC世界スーパーライト級 次期挑戦者決定戦。32勝(25KO)2敗×(20勝(13KO)1敗のサバイバルマッチ。2人とも世界チャンピオンにしか負けていない実力者同士。ホセはホセ・ラミレスとテリー・フラナガン、イバンはジョシュ・テイラー。

 

 

この戦いが凄い試合になった!!

 

 

1R  2回ダウンあり

2R  2回ダウンあり

3R  1回ダウンあり

4R  1回ダウンあり

5R  2回ダウンあり、フィニッシュブローも衝撃的!!

 

両者合わせて8回のノックダウン、毎回ダウンシーンあり、、見たくなりましたよね!!
こちらでフルラウンド見れます↓

José Zepeda vs Ivan Baranchyk Full Fight

 

 

せっかちの人にはTOPRANKが48秒にまとめてくれてます↓

https://twitter.com/trboxing/status/1312621679680528384?s=21

 

 

これはリングマガジンのファイト・オブ・ジ・イヤーの有力候補でしょう!!

 

 

無観客試合だったのがもったいなさすぎる。。

 

 

 

ノックアウトのインパクトはポベトキンが上かなぁ

https://twitter.com/DAZN_USA/status/1297299317926047749?s=20

ボクシング2020年ノックアウト・オブ・ザ・イヤー候補

 

 

 

ともかくTOPRANK社が力を入れる

「October Star Power」

は最高の形でスタートを切った。

このあともナバレッテ、ロマチェンコ×テオフィモ、ベテルビエフと続いて、大トリを飾るのは、、

 

10.31🇺🇸MGM Grand Las Vegas

IBF & WBA Bantamweight World Titles Championship

 

“Monster”

Naoya Inoue🇯🇵

(19-0,  16KO)

🆚

Jason Moloney🇦🇺

(21-1,  18KO)

 

 

ちなみに2019年のリングマガジン年間最高試合は井上尚弥×ノニト・ドネアだ。2年連続と言いたいところだが、モロニー戦ではドネア戦やセペダ×バランチクを超える激闘は要らない。今年はノックアウト・オブ・ザ・イヤーを目指して欲しい!

 

 

 

おやすみなさい〜

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です