2.11 『LEGEND』の対戦組み合わせを見たい順に並べてみた

2.11 『LEGEND』の対戦組み合わせを見たい順に並べてみた

2.11  代々木第一体育館

チャリティーボクシングイベント

『LEGEND』

本日、記者会見が開かれ、新規参加選手5人と対戦カードが6つ発表された。WBAスーパー & IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥 の相手は後日発表とのこと。モンスターの相手選びは難航しているのか、それとも焦らしているのか。楽しみに待とう。

 

 

今日発表6カードを見たい順に並べてみた。

赤太字が今回参戦が発表された選手)

 

 

佐々木尽

19歳(八王子中屋)日本スーパーライト級ユースチャンピオン

vs

岡澤セオン

25歳(鹿児島県体育協会)東京五輪ウェルター級 日本代表

 

プロxアマのヤング対決だ。佐々木のアマ戦績4戦1勝3敗とウィキペディアに書いてあった。プロでは10戦全勝(9KO)だが、3分3ラウンドのスパーリング形式はアマチュアルールに近い。岡澤のアマ戦績は93戦73勝(7KO)20敗だ(ネット調べ)!昨日の会見で「アマチュアの方がテンポが速い」と岡澤、対する佐々木は「プロとしての意地を見せたい。ボコボコにしたい。ダウンを取ってやるつもりで臨む」、、これはエキサイティングなスパーリングになりそう!

 

 

木村翔

32歳(花形)元WBO世界フライ級チャンピオン

vs

武居由樹

24歳(大橋)元K-1 スーパーバンタム級チャンピオン

 

ボクシング元世界王者xプロデビュー前の選手という組み合わせ。普通に考えたら遊ばれておしまいだが、武居はK-1で3分3ラウンドの試合を数多くこなしているので期待。アウトロー対決の雰囲気も漂っている。武居は思い切り振ってくるだろうからスリリングな9分間になりそう。

 

 

平岡アンディ

24歳(大橋)IBF世界スーパーライト級12位

vs

成松大介

31歳(自衛隊体育学校)東京五輪ライト級 日本代表

 

平岡は4歳から元ガーナの五輪強化選手だった父にボクシングを指導されている。対する成松くんはアマ戦績144戦120勝24敗…凄い!ある意味アマエリート同士なので、どっちもパンチもらわないけどテクニックに唸る対決になりそう。

 

 

井上岳志

31歳(ワールドスポーツ)WBOアジアパシフィック・スーパーウェルター級チャンピオン

vs

森脇唯人

24歳(自衛隊体育学校)東京五輪ミドル級 日本代表

 

どちらもアマチュア経験豊富。何度もスパーリングをやっているそうだ。身長差に注目したい、井上173cmx森脇188cm。井上が世界挑戦したハイメ・ムンギアより5cmも高いぞ。

 

 

内山高志

41歳 27戦24勝(20KO)2敗1分 元WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン

vs

坂晃典

28歳(仲里) 26戦21勝(18KO)5敗日本スーパーフェザー級チャンピオン

 

坂は1月22日に日本タイトルの防衛戦をやったばかりだぞ…。その試合で結構ジャブをもらっていた印象があるので、ウチャーマさんのジャブをかわせるのか注目。元チャンプは古巣のワタナベジムで追い込み中。試合間隔が気になりすぎて、なんで坂なのだろうかと思った組み合わせ。

 

 

八重樫東

38歳 元世界3階級制覇チャンピオン

vs

京口紘人

27歳(ワタナベ)  WBA世界ライトフライ級”スーパー”チャンピオン

 

ふたりのスパーリングは見慣れているといいますか…。どっちもいい塩梅でこなして、京口の渡米前のメディア向け公開スパーリングみたいになるでしょう。

 

 

どうしてもプロ×アマの構図に惹かれますね。3分3Rの短期決戦、大きなグローブ着用のアマに有利な土俵でトッププロがどんな戦いぶりを魅せてくれるのか期待しているので。モンスターの相手はプロかアマか。見たいランキング1位に躍り出るようなサプライズゲストを期待したいですね。

 

 

最後に、ライブ配信の解説は元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二だって!ライブ配信あるってことだよね!!ありがたやー!!裏でトカちゃんと畑耕すがYouTubeでイジった生配信をしたら面白そう。笑

 

 

楽しみになってきましたねー♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です