坂晃典vs木村吉光、内藤律樹vs麻生興一 ボクシングレイズ観戦の感想文

坂晃典vs木村吉光、内藤律樹vs麻生興一 ボクシングレイズ観戦の感想文

やっと見れました。12/14の世界戦の裏で行われていた興行。

結果は知っているが、意外な結末だったのでチェックした。

 

 

OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦

坂晃典×木村吉光

日本王者の坂がプレッシャーかけてボディー。炸裂音すごい。木村もボディー、ボディーのフェイントから上へ。2R木村はパンチがよく見えていたから坂のパンチと同時にカウンター合わせていってた。勝敗を知らなかったら危ないと思うようなスリリングなタイミング。そして、ラウンド終了間際に最初からよく当たっていた左フックを合わせて坂からダウンを奪う。3R今度は被せ気味の右を思いっきり振って効いたところへ怒涛のラッシュ!レフリーが割って入って即ストップ。坂は崩れ落ちるダメージ。いやー、強い勝ち方だった。これまでよりパワーがパンチに乗ってるような。そのパワーの源はスリット入ったトランクスからチラっと見える競輪選手のような太ももでしょう。野木トレーナーが久々に嬉しそうだったな。木村が2度目の挑戦でタイトル獲得。坂は日本王者だけどタイトルはどうなるんだっけ?日本タイトルかけて再戦とかあり得るのかな。かなり厳しい負け方だったので挽回難しそうだけど…。今後の動向に注目しよう。

 

 

OPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ

内藤律樹×麻生興一

麻生がガード高くして直立に近い感じのフォームで前に出てプレスかけて細かい手数からボディー、リッキーは捌いてボディー、押し返しながらボディーでフットワークを使わせてもらえない展開。5Rだいぶ疲れが見えてきたリッキーがロープに詰まるシーン増える。麻生は押し込みながら細かくパンチ連打で削る。6Rから麻生が『あしたのジョー』金竜飛の必殺技「舞舞(チョムチョム)」を発動。リッキーも返そうとするが、ついに7Rスタンディングダウン。さらに攻め込まれ9Rついに陥落のレフリーストップ。麻生は4年ぶりのタイトル獲得おめでとう。一方リッキーはスーパーライト級に上がってから毎回ギリギリッキーだったよね。

 

 

大湾硫斗×杉田ダイスケ

最初から最後まで大湾がスピード&パワーを感じるダイナミックなボクシングでポリスボクサーを圧倒した。2Rドクターストップで大湾のTKO勝ち。来年はランカーアタックだね。

 

 

ボクシングレイズで見れますよ↓

https://boxingraise.com

 

関東ローカルだけどTBSでも放送あり↓

 

さよならー

坂晃典vs木村吉光、内藤律樹vs麻生興一 ボクシングレイズ観戦の感想文” への2件のフィードバック

  1. リッキーどこでどうなって、こうなってしまったんですかね?
    世界戴冠した伊藤に勝ってるのに。尾川にやられた辺りからおかしかったかな?
    世界王者経験者2人と互角以上に戦ってるというのに。ライトで吉野三代相手に一発逆転狙いやってくれないかな?
    ポテンシャルはあると思うのだが……

    1. 一気に2階級上げてスーパーライト級に行ってから危うさが目立ってきたと思います。ライト級まで絞れたら面白い存在になりますよね。ポテンシャルは相当だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。