メキシコ製グローブの恐ろしさを教えてくれた人…

メキシコ製グローブの恐ろしさを教えてくれた人…


 

山中慎介、ネリに合わせてメキシコ製グラブ使用薄い革で

「痛いと思わせるパンチになる」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00000392-sph-fight

スポーツ報知

 

山中選手が『レイジェス』を使う。

幼い頃にメキシコ製グローブの恐ろしさを教えてくれた人がいる。

その人の名は、、

 

 

丹下段平!!

 

 

ホセ・メンドーサx矢吹丈。奇しくも同じ階級の世界バンタム級タイトルマッチ、メキシコ王者相手、そしてチャンピオン側がメキシコ製グローブ「レイジェス」を指定するのも一緒だ。ただし結果は漫画と違い、チャレンジャー山中慎介が勝つぞ!!

「素手で打ち合うのほとんど変わらない」この時代のグローブは今ほど完成度高くないだろうから、本当にそれくらいの破壊力だったのでしょうね。話は変わるが、ガウンにバンデージで入場してリング上でグローブ装着の試合進行もカッコいいですよね。

 

 

さてさて、幼心にレイジェスって怖いんだな…と思わせた段平の表情がこちら!

めっちゃビビってますやん。メキシコ製グローブって聞くとこの顔を思い出す。笑

 

 

最後に私のレイジェスコレクション

「gloveびいき レイジェス」の画像検索結果

右拳:ノニト・ドネア

左拳:カルロス・サラテ

金拳:マルコ・アントニオ・バレラ

 

 

サラテとホセ・メンドーサって似てるよねー!

さよなら

メキシコ製グローブの恐ろしさを教えてくれた人…” への2件のフィードバック

  1. 私もメキシコ製グローブに魅了されています。
    男のグローブと言われてますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です