【26戦目】マガジン×ビート 表紙対決

【26戦目】マガジン×ビート 表紙対決

今日はなんの予定もないのに有休とって、昼から愛犬を撫でながらビール飲んでました。This is 休日!贅沢な時間です。週休3日制にならないかな。

 

 

さて表紙が公開されたので書きますよ。

 

 

あす発売!

ボクシングマガジン 2019年 01 月号 [雑誌]
BOXING BEAT(ボクシング・ビート) (2019年1月号)

これまでの戦績

マガジン 8勝15敗2分

 ビート  15勝 8敗2分

 

 

試合開始!

 

 

1R 誰が表紙か?

マガジン→伊藤雅雪

ビート→デオンテイ・ワイルダーxタイソン・ヒューリー

 

ハンサム×ツインタワー!いい試合になりそうだ!!ヘビー級の迫力で、、

 

 

ビート 10-9

 

 

 

2R 意外性

もしかしたらワイルダー×ヒューリー被りするかなと思ったので、ハンサムは意外だった。

 

 

マガジン  10-9

 

 

 

3R キャッチコピー

マガジン→伊藤雅雪 [ヒーロー凱旋]

ビート→ワイルダーとヒューリー、スリリングなドロー ヘビー級がいよいよ面白くなるぞ

 

「スリリングなドロー」 がいいね!

 

 

ビート  10-9

 

 

 

4R ヘッダー

マガジン→12/30-31年末6大世界戦完全プレビュー

ビート→’18年末決戦 展望特集Plus「記憶にも記録にも残る”暮れの世界戦”」

 

年末展望は一緒だけど、プラスポイントで、、

 

 

 ビート  10-9

 

 

 

5R 情報文

【マガジン】

①村田諒太が再起を表明

②井上尚弥に質問攻め

③6大世界戦展望 伊藤雅雪xチュブラコフ、拳四朗xフアレス、井上拓真xサラパット、井岡一翔xニエテス、京口紘人xブドラー、坂本真宏×ムザラネ

④ワイルダーxヒューリー 熱闘ドロー

 

【ビート】

①村田諒太”続闘”宣言

②井岡「4階級制覇」の勝算

③伊藤初防衛戦

④井上拓真「兄弟王者」なるか

 

だいたい同じ内容かなという印象だが、マガジンの「井上尚弥に質問攻め」は気になる。笑

 

 

マガジン 10-9

 

 

 

6R 表情

マガジン→正統派ハンサムフェイス。

ビート→ワイルダーが攻めてるんだけど苦しそうにも見える。ヒューリーも真剣。

 

やっぱりボクサーは試合の時の表情がいい。ヒューリーの真剣なんだけどふざけてるようにも見えるのもいいね。

 

 

ビート  10-9

 

 

 

7R 女子目線

ワイフと娘に雑誌名を隠して直感でどっちが良いか聞いてポイントを割り振るラウンド。

 

ワイルダーとヒューリー「知らない」、ハンサム「イケメンだね!」だってさ。全体的な色合いもカッコよくまとまっていると、、

 

 

マガジン 10-9

 

このラウンド、ずっとマガジンが取ってる気がするな…。

 

 

 

最終ラウンド

8R レイアウト

マガジン→濃いグレーに白文字統一でシックに。WBOのベルトが差し色で効いてる。ちょっと光当たりすぎで色が違う気もするけども。

ビート→上下ホワイトで文字もまとめる。真ん中は試合写真のみ。ワイルダーの真っ直ぐな左とヒューリーのダンスポーズがファイトスタイルを表しているような。

 

まとまりはマガジンかな……、とポイント振る寸前にビートが左上からもうワンパンチ!新年号付録「ワールドボクシング・カレンダー」!!しかもカレンダーの表紙もワイルダーかな?!ヒューリー戦同様に劣勢からの一撃。パンチあるなー。

 

 

ビート  10-9

 

 

 

試合終了!

 

77-75

ビートの勝ち!!

 

スリリングな展開でした!付録は少しドーピング感あるな。笑

 

 

 

でらボクシングの表紙

 

 

 

 

 

同時通訳の松村穰さんの手柄ですな。笑

 

 

 

マガジン、ビートの中身は各自で確認しましょう!

created by Rinker
¥980 (2019/06/24 07:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥980 (2019/06/24 07:56:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

一仕事終えたので呑み直そうっと!

【26戦目】マガジン×ビート 表紙対決” への2件のフィードバック

  1. まいどです。

    個人的には、
    タイソン以降のヘビー級は興味がないので、
    僅差でマガジンかな。
    しかしマガジンはポートレイトが多いですな。
    アイドル雑誌みたい。
    カレンダーが勝負の分かれ目とは、世も末です。

    1. いつもありがとうございます。
      私もクリチコ時代のヘビー級は燃えませんでしたが、最近のジョシュア、ワイルダー 、ヒューリー三つ巴は久々に燃えてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です