井岡一翔をリングに復帰させる方法を3つ考えた

井岡一翔をリングに復帰させる方法を3つ考えた

こんなニュースが。

 

このまま引退はモッタイナイでしょー!!

海外では引退したと言いながらリングに戻ってくるボクサーは多くいる。

井岡一翔がリングに帰ってくる3つの策を考えた。

 

 

1. 海外に渡る

階級上げてSuperFly2に電撃参戦とか!まぁ、、実現性低いですけど。せめて関東のジムに移籍とか出来ないもんですかね〜。スーパーフライ級は体格的にキツいだろうし、国内に比嘉大吾、木村翔という同階級のチャンピオン居るんだから統一戦の方が見たいよね。

 

2.  親父とバトル

引退危機の原因は父・一法会長との不仲らしい。TBSの大晦日といえばKYOKUGENだ。?な企画も結構ある。格闘技だと魔裟斗×山本KID、魔裟斗×五味で視聴者も耐性は出来てるかと。公開親子ゲンカ!視聴率取りそうだ。試合後はノーサイド。これも実現性低いわー。。

 

3.  谷村奈南に浪費させる

 

『ボクサーがリングに戻ってくる時は金に困った時だ…』

昔見たドキュメンタリーで、シュガー・レイ・ロビンソンがそんなことを言っていた。お金に困ったらファイトマネーで稼ぐしかないでしょう。これまで恵まれた環境で順風満帆だったサラブレッドの一翔が金のために戦う…。ハングリーですわ!これまでの試合とは一味違ったボクシングを見せてくれるんじゃないかな!!妻は芸能人だ。浪費のプロだ。すぐにこれまでのファイトマネー貯金を使い果たしてくれるのでは。これは実現性あり!ない?笑

 

冗談っぽく書いたが、、引退するにはまだ若い。ロマゴンを回避したときはガッカリしたが、テクニックは認めている。認めているから強い相手との試合が見たいのです。全然ダメージないし、本人もまだ限界までやってないと思ってるよね。なんとかリングに戻ってこれるといいな〜と。

 

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です