世界ボクシングのGoodニュースと、日本のBaddestニュース

朝一でニュースをチェックしたら嬉しいボクシングニュースがあった。

“Hi-Tech”ワシル・ロマチェンコが10月にリングに戻ってくるという!TOPRANKのトッド・ドゥボーフ社長が情報源だから信憑性が高い。ウクライナ戦争に参戦して4ヶ月、戦況に対する関心は薄れてしまっていたが、ロマの安否は気にしていたのでボクシングファンとして嬉しいニュースだ。

 

 

昼前、目を疑うような速報が入ってきた。安倍元首相が銃撃されたと。銃撃?日本で??情報が錯綜しながらも次々に写真と動画が出てきて、だんだん絶望感が増して、17時過ぎに死亡確認。。あまりにも突然で予想外すぎた出来事に、なんとも言えない脱力感を感じました。悪い方向に2段階ぐらい下がった感じ。「日本はもう先進国じゃない」という話は聞いていたが「いやいや、まだギリ大丈夫でしょ」という甘い気持ちが無くなり、最後の砦である治安の良さを失ったみたいな。

 

 

余りマイナス引きずられても仕方ないから普段どおりにブログ書いたが、いつもより酒量が多くなってて纏まらないし、なにせ気分が乗らないから終わりにしよう。。

 

ロマのリング復帰祈願と、安倍元首相のご冥福をお祈りいたします。さよならー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。