モンスター井上尚弥のPFPキング君臨が如何に凄いことなのかが分かる記事&動画

モンスター井上尚弥のPFPキング君臨が如何に凄いことなのかが分かる記事&動画

モンスター井上尚弥が米「ザ・リング」誌のPFP(パウンド・フォー・パウンド)ランキングでTOPに立って1ヶ月経った。

 

https://www.ringtv.com/ratings/

 

まずは今現在の順位をニックネーム表記

1. Monster

2. The Cat

3. Bud

4. The Truth

5. Canelo

6. Hi-Tech

7. Bivol

8. TTT

9. Iron Man

10. Beterbiev

 

凄い面子の中で堂々キングの座に君臨している。PFPの歴史的を知るともっと偉業が分かると思うので、オススメの記事と動画を紹介します。

 

 

ボクシングビート最新号

概念、査定基準の変化、リング誌で毎月掲載されるようになった1989年〜現在までのトップ変遷がまとめられている。

 

豪華絢爛のキング変遷

マイク・タイソン→フリオ・セサール・チャベス→パーネル・ウィテカー→ロイ・ジョーンズJr.→オスカー・デラホーヤロイ・ジョーンズJr.→シェーン・モズリー→バーナード・ホプキンス→ロイ・ジョーンズJr.→バーナード・ホプキンス→フロイド・メイウェザー→マニー・パッキャオ→フロイド・メイウェザー→ローマン・ゴンサレス→アンドレ・ウォード→ゲンナジー・ゴロフキン→ワシル・ロマチェンコ→カネロ・アルバレス→オレクサンドル・ウシク→井上尚弥

 

永遠のマイヒーロー、デラも名を連ねているの嬉しい。ロイは通算3度トップに。無敵だったもんなぁ。ホプキンスとメイウェザーは2度。どちらも憎たらしい強さだったね。文字起こししたら分かりづらくなったので動画でどうぞ。

 

 

【井上尚弥1位】パウンド・​フォー・パウンド 1989-2022【最強ボクサーランキング】

作った人グッジョブです!分かりやすい〜。

 

16人しかいないキングの中に我が国が誇るモンスターが君臨してる、、本当に凄いですね!次から次に猛者たちがキングの座を狙ってくるだろうからファンからしても熱い試合が期待できるし。楽しみですわ〜。

 

 

ところでPFP?P4P??どっちでもいいか。さよならー

モンスター井上尚弥のPFPキング君臨が如何に凄いことなのかが分かる記事&動画” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。