今週のボクシング注目カード(1/13-1/19) 細川チャーリー忍×竹迫司登

今週のボクシング注目カード(1/13-1/19) 細川チャーリー忍×竹迫司登


ラスベガスのホテル選びに夢中で注目カードを忘れてました。笑

 

 

数は少ないですが国内外ともに見応えありそうなカードが揃ってますよ。

 

 

1/18  後楽園ホール

井上岳志×チェン・スー

WBOアジアパシフィック・スーパーウェルター級タイトルマッチ。ジェーン・スーじゃなくてチェンは14勝(8KO)2敗1分のサウスポー。ハイメ・ムンギアと好勝負をした井上の相手ではあるまい。井上と聞くとラスベガスに気持ちが行く今日この頃です😋

 

細川チャーリー忍

×

竹迫司登

OPBF東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ。日本タイトルは掛からないのね。12勝(11KO )4敗1分×11勝(11KO )1分、絶対にKO決着だろー!!村田諒太に続いて世界に飛び出す予感を感じたい。

 

日テレG+生中継!

https://www.ntv.co.jp/G/sp/boxing/dynamicsp/

 

 

 

1/18  アメリカ・ペンシルバニア

ジュリアン・ウィリアムス×ジェイソン・ロサリオ

WBA & IBF & IBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ。激闘になりそうな予感する。

 

クリス・コルベート×ジェスレル・コラレス

WBA暫定スーパーフェザー級王座決定戦。両者KO率低めなのでテクニック合戦で判定決着になりそう。わざわざランキング3位と10位で暫定王座を誕生させる意味不明。

 

 

 

1/18  アメリカ・ニューヨーク

フェリックス・ベルデホ×マヌエル・レイ・ロハス

“ディアマンテ”ベルデホは、パッキャオ×リオスのときにマカオで試合見たしホテルで会った。あれから6年……すぐに世界チャンピオンになると思ったけどなー。イスマエル・サラス トレーナーに変更して心機一転、まだ26歳なので今年はチャンス来るかな!

 

 

おわり

 

 




今週のボクシング注目カード(1/13-1/19) 細川チャーリー忍×竹迫司登” への4件のフィードバック

  1. 「パックマンと戦った寺尾」選手のように、
    「ムンギアを苦しめて判定まで粘った井上」選手として歴史に名を刻むのでしょうか?
    ちなみに竹迫選手は、今現在「村田と最後に戦った日本人」の称号を保持しています。
    地味強い無形の勲章携えた猛者揃い踏みで
    キャッチフレーズ
    「猛者たちの週末」
    でよろしいのではないでしょうか。
    思い当たる猛者いたら挙げて欲しいですね。

      1. ナイスな人選ですね。中谷選手は日本歴代最強のライト級でしょうね。
        カークランド斬った石田選手や韓国で地域タイトル2つ奪取した渡部選手、中国の英雄を討った木村選手、亀海選手、馴染みない名前ですが、南アでWBAインタ取った、戸部洋平選手も猛者ですね。最近の日本選手は逞しさを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です