スポニチの「Lega―scene(レガシーン)」ボクシング名場面まとめ+試合動画

スポニチの「Lega―scene(レガシーン)」ボクシング名場面まとめ+試合動画

日刊スポーツの〈ボクシング、忘れられない一撃 1〜20〉まとめ + 試合動画

日刊スポーツに続いて、スポニチも面白い企画を連載していたので紹介します。

 

【あの名場面が、よみがえる。~ボクシング編~】

昭和、平成の名場面をスポニチ本紙秘蔵写真で振り返る

「Lega―scene(レガシーン)」

 

野球(ON編・名勝負編・乱闘編)、力道山、大相撲、サッカーに続く第七弾にボクシングが登場。レガシー(legacy)とシーン(scene)を合わせた造語と読んだような。ボクシング編は完結したので、今回もまとめて、さらに動画(YouTubeで見つかったもの)も貼っておきますよ。

 

 

ファイティング原田、世界中が度肝を抜かれた世紀の大金星――“黄金のバンタム”の不敗神話破った

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/18/kiji/20200517s00021000411000c.html

1965年(昭40)5月18日 エデル・ジョフレ戦

50戦無敗の「黄金のバンタム」、世界バンタム級王者の不敗神話を崩した大金星。WBAとかWBCとかIBFとかWBOじゃなく”世界バンタム級王者”ってのが最高だよね。この頃は8階級で世界チャンピオンは8人しか居なかったわけだから偉大ですなー。

 

 

 

獲物は世界“カエル”が跳んだ!輪島功一 腹をくくった失笑上等、酷評覚悟の変幻戦術

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/20/kiji/20200519s00021000346000c.html

1971年(昭46)10月31日 カルメロ・ボッシ戦

試合見つけられず、ハイライト。リアルタイムで見てたら燃えたろうなー🔥トリッキーでハードパンチャー、ナジーム・ハメドは輪島会長のボクシングを参考にしたのかもしれないな。炎の天才男だと思う。

 

 

 

ガッツポーズの誕生 イロモノから世界王者へ「石松」の人生が「380度変わった」8回KO勝ち

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/21/kiji/20200520s00021000315000c.html

1974年(昭49)4月11日 ロドルフォ・ゴンザレス戦

この試合は漫画で読んだのが一番最初だった。その中でレフリーがダウンしたゴンザレスのこと起こしているシーンがあって、「嘘でしょ」って思って動画見たら思いっきり起こしてたwあと誰かを助けるために路上で7.8人のヤクザを相手に1人でフルボッコしたのを菅原文太が擁護したみたいなシーンも覚えてるけど、実話なのかな??

 

 

 

カンムリワシ最速戴冠――1976年10月10日、具志堅用高伝説の始まり

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/22/kiji/20200521s00021000421000c.html

1976年(昭51)10月10日 ホワン・グスマン戦

グローブが薄い。。グスマン最初のダウンからよく立ってきたよね。すげえエキサイティングな試合だわ!超ボクシングマニアの香川照之さんが燃えるのも仕方ないぜ🔥

香川照之さんのボクシングで1番魂が震えた試合

ちなみに具志堅会長の愛犬の名前は「グスマン」です。今ジムでいろいろトラブル続きの具志堅会長だけど、この不屈の闘志で建て直してください!

 

 

 

浜田剛史、189秒戴冠――1986年7月24日、両国国技館に舞った歓喜の座布団

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/23/kiji/20200522s00021000456000c.html

1986年(昭61)7月24日 レネ・アルレドンド戦

あえて入場動画をチョイス。25歳の貫禄じゃねぇ。ガウンがカッコイイ、入場曲がスクールウォーズでカッコイイ。セニョール本田会長のチームTシャツ姿がレア!グローブ付けてないで入場なのも渋いわ〜。

 

 

 

辰吉VS薬師寺――因縁絡み合い、血しぶき舞った壮絶12R 浪速のジョーは燃えつきず

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2020/05/24/kiji/20200523s00021000453000c.html

1994年12月4日 WBC世界バンタム級王座統一戦 正規王者・薬師寺保栄vs暫定王者・辰吉丈一郎

もはや多くの説明を必要としない世紀の一戦です。何回か書いたかも知れませんが、試合観戦の調整に失敗した苦い思い出の試合でもある。なぜかというと試合前に友人5.6人でカレー大食いにチャレンジして、全然ハングリーじゃない状態でテレビ観戦したんだよね。。辰吉を超応援してたけど終了と同時に負けたのは分かったからショックだったなぁ。それから試合をフルでは見返してないんですよね。今回もまだ見る気にならなかったから、今後の楽しみにしようっと。

 

 

 

辰吉×薬師寺 以降での「デラシーン」を考えてみた。現役選手は除外しておきます。5年後ぐらいにスポニチで連載予定です。笑

 

竹原慎二×ホルヘ・カストロ

日本人にミドル級は無理だと思ってました。おまけに王者の戦績が98勝4敗2分…。快挙でしたなー!

 

畑山隆則×坂本博之

日本人ライト級頂上決戦。「次は坂本選手とやります!」で対戦決定→試合前煽りVTR→劇的なフィニッシュ。ドラマチックでした。

 

長谷川穂積×フェルナンド・モンティエル

WBC & WBO世界バンタム級統一戦。どっちも王者の風格ビンビン漂ってて試合決まった時はシビレまくった。なんで生観戦しなかったのか理解に苦しみますわ。。多くのファンが「これはイケる!」って思った次の瞬間…。本当に一瞬の結末だった。結果は残念だったけど高まった試合だ。

 

西岡利晃×ジョニー・ゴンサレス

トシオカニシオカ→スピードキングからモンスターレフトに異名が変化した試合。敵地メキシコでダウンを奪われたあとの一撃。ジョニゴンが大袈裟じゃなく吹っ飛んだからな!そのあとの西岡の雄叫びも最高でしたねぇ。メンタル鬼強っ。

 

石田順裕×ジェームス・カークランド

27戦全勝24KOのカークランドをノブ石田が1RKO。歴史的アップセットで得たものは大きかった。ポール・ウィリアムス、ディミトリー・ピログ、ゲンナジー”GGG”ゴロフキンとの3連戦って凄いキャリアだよね。

 

内山高志×ジョムトーン・チューワッタナ

異種格闘技戦っぽい雰囲気あった。ムエタイで無双してたジョムトーンを知っていたのでウチャーマさん危うしと思ってました。しかし結果は2R圧勝!!ワンツー炸裂から少し時間差あってジョムトーンが大の字に倒れたのビックリしたわー。

 

山中慎介×アンセルモ・モレノ2

1戦目は際どい判定の因縁の再戦。セミファイナル 長谷川穂積×ウーゴ・ルイスの大激闘で会場は異常な興奮状態で試合開始だった。そのセミを上回るダウンの応酬から劇的フィニッシュ!今まで生観戦した興行でダントツ1位のエキサイティング。

エキサイティング!!

 

三浦隆司×フランシスコ・バルガス

サムライというより野武士×盗賊。バルガスの入場コスチュームカッコイイ。ボンバーの眼光がガン決まりしてましたよね!ダウンからのバンザイして出来るアピールはシビれたなぁ。

 

亀海喜寛×ミゲール・コット

試合内容はヘスス・ソト・カラス2の方が興奮したが、日本人史上最高のビッグマッチだからね。試合決定したときは本当にビックリしたのを覚えている。ピークを過ぎていたコットがマエストリートを完封したのも流石スーパースターだなと。世界トップの実力を身近に感じた気がした。

 

 

 

また面白いボクシング企画を見つけたら紹介します!さよならー

 

スポニチの「Lega―scene(レガシーン)」ボクシング名場面まとめ+試合動画” への1件のフィードバック

  1. 2団体、4団体にはっきり分かれる前、黎明期の、日本の「1人王者」「統一王者」について、
    統一戦の折には、最低でも注釈付けてもっとスポットライト当ててほしいですね。
    F原田や輪島、他の選手等が「統一王者」だった事、知ってるファンが減ってるんじゃないかなあ?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です