京口紘人のアメリカデビュー戦は3.13 ロマゴン×エストラーダのアンダーカード

京口紘人のアメリカデビュー戦は3.13 ロマゴン×エストラーダのアンダーカード


京口紘人のアメリカデビューが決まった。

 

3.13🇺🇸テキサス州ダラス

WBA世界ライトフライ級”スーパー”王座タイトルマッチ

“MAD BOY”

京口紘人

×

“El Mini”

アクセル・アラゴン・ベガ🇲🇽

 

マッドボーイ3度目の防衛戦の相手は、20歳のメキシカン。戦績は14勝(8KO)3敗1分。デビューから4年で18戦、年間4〜5試合してきた叩き上げのメキシカンだ。現WBO世界ミニマム級王者 ウィルフレド・メンデスに挑戦したこともあり、そこそこ強くて勢いのあるヤングファイターでちょっと怖いけど、アメリカデビューの相手としては丁度いいのでは。昨年11月に対戦予定だったタノンサック・シムシー🇹🇭には、あとでチャンスをあげて欲しい。

 

 

会場のアメリカン・エアラインズ・センターは今年1月2日にライアン・ガルシア×ルーク・キャンベルの試合で使われた会場だ。最大収容人数は2万人くらいなので、さいたまスーパーアリーナや横浜アリーナぐらい。ライアンの時は3分の1ぐらいに入場制限してた印象だったので、今回も同じぐらいの5,000人くらいの観客かな。メインイベントはWBC & WBA & RING MAGAZINE スーパーフライ級王座統一戦 ファン・フランシスコ・エストラーダ×ローマン・ゴンサレス

https://twitter.com/matchroomboxing/status/1352677593259110402?s=21

女子ウェルター級4団体統一戦&ダイレクトリマッチも注目のビッグイベント!ワタナベジムでは考えられない試合だ。パッキャオ×ブラッドリー3のアンダーカードで実現しそうだった、内山高志×ニコラス・ウォータースを「後援会のチケットが確保できないから」という夢もロマンのない理由で断ったのを未だに根に持ってますから。マッチルームと契約して本当に良かったよねー!

 

 

Trailer

https://twitter.com/matchroomboxing/status/1352685203664338945?s=21

 

 

試合はDAZNで生配信

https://twitter.com/daznboxing/status/1353025056914497536?s=21

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し
 

コロナ禍の中で渡米しての試合は、調整がとても難しいだろう。友人であるモンスター井上尚弥にヒントをたくさん聞いて、試合でベストパフォーマンスを出して欲しいですね。楽しみ〜

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です