矢吹正道がバッティング騒動についてコメントした

矢吹正道がバッティング騒動についてコメントした

WBC世界ライトフライ級新王者 矢吹正道がバッティング騒動についてインタビューに答えた。ボクシング専門誌では触れずらい内容に突っ込んだのは、、

 

東スポWeb

WBC王者・矢吹正道が〝バッティング騒動の真実〟怒りの激白「僕も言いたいことはたくさんある」

https://www.tokyo-sports.co.jp/fight/boxing/3721468/

 

やるな東スポ!この件に関しては東スポがとても頑張ってる。矢吹チャンプも「何でも答えますよ」の言葉に偽りなしで、聞かれたことに一切はぐらす事なく自分の言い分を答えている。

 

 

中身は各自でチェックしてらうとして、最もその通りだなと思ったところを引用します。

 

(10Rを戦った中で)一部だけピックアップして、スローモーションにしちゃったら、ほとんどの試合でああいうことがありますよ。

 

YouTubeでその動画を見ましたけど、あれは嫌な感じを受けた。。バッティングは反則だし、矢吹チャンプを擁護する訳でもないけど、自分を倒しに(殺しに)きてる同士が距離を詰めて打ち合ったら、倒し合いしたら、全身全霊でパンチ打ったら頭が当たることもあるだろう。

だから、1番近くで見てるレフリーが重要で、注意や減点で制御すべき。セコンドのアピールも必要だ。あれだけの死闘をしてる選手は気にしないで打ち合うから。

 

 

WBCはダイレクトリマッチ指令しそうな気が…。リマッチは見たいけど、ダイレクトじゃなくていいな。

寺地拳四朗x矢吹正道のバッティング騒動で見てもらいたい3つの動画

 

東スポさん、次は拳四朗本人に直撃お願いします。

 

 

早くロッキー3から、4の「炎の友情」になって欲しいです。

 

 

さよならー

矢吹正道がバッティング騒動についてコメントした” への3件のフィードバック

  1. レフリー、それに矢吹が「故意ではない」と言うなら
    もうそれで騒動は終了ですね。もちろんリマッチ?は
    お互い戦法を変えてくるでしょう。

    確かにWBCに限って言えば、3連続日本人同士は避けてほしい所です。
    連続1位との試合とはいえ、拳四朗サイドは、その点考えてなかったのでしょうか?。
    ちょっと安易でしたよね。京口だって絡みずらいし・・・。

    1. 拳四朗サイドは勝ったら、GGG村田諒太のアンダーでフジテレビ復活の話があったんじゃないですかね。だから短い延期で試合に臨んだと。あくまで推測ですけど。
      世界タイトルなのでコロナ禍とはいえ日本人だけで回すのは変ですよね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。