伊佐春輔 vs 森且貴 FODプレミアムでPXB観戦の感想文

伊佐春輔 vs 森且貴 FODプレミアムでPXB観戦の感想文

FODプレミアムでフェニックスバトルを見た感想文です。前半は家族揃って夕飯食べながらドラマ「ファミリータイム」を見る時間だったので途中からになってしまった…。あのドラマ面白すぎるんだもん。

 

 

入田琴司×富岡浩介

サウスポー同士。デビュー戦とは思えぬ落ち着きの入田が長身で、身体も2階級差ぐらい大きく感じた。しかし、連敗で後がない悪童ピーターパンは細かくフェイント入れて丁寧に攻めて、相手の打ち終わりの返しも鋭かった。途中、打ち合いのパンチが交錯するとき少し怖かったが、入田が余裕見せて笑みを見せたところで闘志に火がついた。5R終わりは完全に効かせて、最終6R怒涛の攻めでレフリーストップを呼び込みフィニッシュ!復活おめでとう!!

 

 

高畑里望×中井龍

出だしからスピード差を感じた。フットワークとハンドスピード。リボーは撹乱されてスタミナをロスしたところに被弾。中井が最後まで圧倒してランキングゲット。

 

 

湯川成美×櫻井孝樹

派手×地味な見た目どおりの対決。ボクシングセンスはカリスマ湯川が数段上で余裕の試合ぶり。リングを大きく使って、相手に攻めさせてから狙い澄ましたビッグパンチを当てる。櫻井はパンチをもらいながらも愚直に前に前に。途中で勝つのは湯川なんだろうなと思いながらも、櫻井に一発ガツンと当ててもらいピンチに陥るところを期待してしまった。それぐらいガッツを感じたが、カリスマ湯川は当たり前のようにそんなパンチは貰わず、しっかりと相手にダメージを与えてレフリーストップを呼び込んだ。ランキング上位との対決が楽しみですね。

 

 

メインイベント

日本ユース・ミニマム級タイトルマッチ

伊佐春輔×森且貴

どっちも軽快なフットワークからテンポよくスピードに乗ったパンチを交換。伊佐はアッパー、森はボディーが目立つ。3Rから伊佐のカウンターがタイミング合ってきたが、森は構わずボディー連打、伊佐もアッパー連打で応戦して乱打戦に。手数は森だけど、パンチのもらい方の怖いのも森と思ってたが、ノンストップ連打で伊佐が少し押されて手数が減った印象を受けた。結局8R闘いきって判定は三者とも77-75だけど森が二者で初タイトルを獲得。敗れたが伊佐も良いボクサーで、近いうちにまたタイトルに絡んでくるでしょう。森も伊佐も重岡ブラザーズとの絡みが見たいな。

 




まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

見逃した方はFODもしくはフジテレビで5/15(日)26:20~ど深夜ディレイ放送があるのでチェックするべし!

https://www.fujitv.co.jp/sports/fuji_boxing/index.html

 

さよならー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です