2017 日本ボクシング年間最優秀選手賞(MVP)を予想した!

2017 日本ボクシング年間最優秀選手賞(MVP)を予想した!


 

下記はコピーさせてもらいました。私が予想する選手・試合を赤太文字にしましたよ。

 

MVP候補は4人。

https://i2.wp.com/boxingnews.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/1412b7cdb8f1305946c4d4ca7576d38c.png?w=640https://i2.wp.com/boxingnews.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/76c691c22c7ef40a64aa64b04f05e90c.png?w=640

◆最優秀選手賞=

井上尚弥、村田諒太、比嘉大吾、田口良一

モンスターの衝撃アメリカデビュー、22年ぶりの日本人ミドル級世界王者、入場・試合・勝利者インタビューの完璧な世界奪取、記憶に新しい激闘の王座統一、、マニアから一般層まで一番ボクシングに注目を集めたのは村田選手かなと!この予想は自信あり!!

 

 

ついでにMVP以外も予想しようっと。女子は全然詳しくないから選ぶの控えますが。

 

◆技能賞=井上尚弥、ホルヘ・リナレス(帝拳)、村田諒太、田口良一

どアウェイ英国で連勝。それも一人は金メダリストですからね!文句なしのテクニック!!ゴールデンボーイ!!

 

◆殊勲賞=村田諒太、木村翔(青木)、尾川堅一(帝拳)、田口良一

海外世界奪取の尾川選手でと思ったんですが、、なんやかんやあるので、、統一戦を制した田口選手で。

 

◆KO賞=井上尚弥、比嘉大吾、木村翔

ヒガゴンと迷うが、、3KOのモンスターパワー!!

 

◆努力・敢闘賞=大竹秀典(金子)、有川稔男(川島)、藤本京太郎(角海老宝石)、黒田雅之(川崎新田 )

平成生まれのイケメンを見事退治をした、ザ・昭和の大竹選手に!

 

◆新鋭賞=京口紘人(ワタナベ)、木村翔拳四朗(BMB)

戦った相手の質で、元世界王者2人に勝った木村・拳の両選手に絞り込み。メキシカン連破か、オリンピアン連破か。敵地で勝ったポイントで木村選手に!惜しかったケーーン!!京口選手は今年燃える試合を見たいね。

 

◆年間最高試合
◎世界タイトルマッチ=リナレスvsクローラ第2戦、田口vsメリンド、木村vsゾウ、田中恒成(畑中)vsアコスタ

やはり統一戦は燃えるからね!年間最高マイクパフォーマンス賞があったら、アコスタに勝った後の田中選手から田口選手への統一戦呼びかけで決まりでしょうな!その田中戦が流れた後からのメリンドとの統一戦が決まって勝利した田口選手は見事。

 

◎世界タイトルマッチ以外=三浦隆司(帝拳=引退)vsローマン、マーク・ジョン・ヤップ(六島)vs益田健太郎(新日本木村)、麻生興一(三迫)vs今野裕介(角海老宝石)、西谷和宏(VADY)vs土屋修平(角海老宝石)、大竹vs丸田陽七太(森岡)

どの試合も面白いけど、あのボンバーボデーレフトのインパクトには及ばないので。

 

 

以上。

いざ一人を選ぶとなると難しいものですな。各賞は2/9の表彰式で明らかにされる予定。有識者の投票と自分の投票がどれくらい一致するのか楽しみですわ!!

 

 

では、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です