【34戦目】マガジン × ビート 表紙対決

【34戦目】マガジン × ビート 表紙対決


マガジン&ビート、本日発売!

 

 

これまでの戦績

マガジン 12勝19敗2分

 ビート   19勝12敗2分

 

 

34戦目、どちらが勝つでしょうか?!

試合開始!!

 

 

 

1R 誰が表紙か?

マガジン→村田諒太

ビート→井上尚弥

 

日本ボクシング界を引っ張るふたりの対決だ。どちらも表紙にふさわしいが、WBSS決勝の日程が決まったということで、

ビート  10-9

 

 

 

2R 意外性

どっちもモンスターかと思っていたので、

 

マガジン  10-9

 

 

 

3R キャッチコピー

マガジン→WBA世界ミドル級チャンピオン 村田諒太 拳士の本懐。

ビート→井上尚弥とドネアの5年間

 

拳士の本懐。句点がポイント高い。モーニング娘。

マガジン 10-9

 

 

 

4R ヘッダー

マガジン→[特集]返り咲いたヒーローたち/”炎の男”輪島功一インタビュー

ビート→始動した村田諒太—「自分自身のボクシングの形がでてきている」

 

炎の男のインタビューは読みたくなるね。

 

マガジン 10-9

 

 

 

5R 情報文

【マガジン】

①井上尚弥が選ぶ「我がベストバウト」

②パッキャオ劇的に統一

③拳四朗、鮮烈なる凱旋

④田中恒成V2戦展望

 

 

【ビート】

①特集 村田諒太  ブラント戦で発散した魅力

②無敗サーマンと激闘  驚異の40歳パッキアオ

③次は田中だ!その「速さ」に迫る

④追悼パーネル・ウィテカー  防御で魅せた名王者の功績

 

井上尚弥の我がベストバウトは気になる、、ロドリゲスかな。sweet peaの記事が一番読みたいと思ったので、

 

ビート 10-9

 

 

 

6R 表情

マガジン→タイトル奪還でスッキリしたラオウ

ビート→ベルトがちょっと重そうなモンスター

 

どアップでも耐えられるイケメンということで、

 

マガジン  10-9

 

 

 

7R 女子目線

ワイフと娘に雑誌名を隠して直感でどっちが良いか聞いてポイントを割り振るラウンド。

 

ワイフはマガジン「スッキリしてる」、娘はビート「色味がいい」はじめて母娘の分かれた。

10-10

 

 

 

8R レイアウト

マガジン→純白に村田諒太の顔面ドーン!金色のロゴとキャッチの文字も映えますね。さっぱりしている。

ビート→爽やかブルーと白文字で夏っぽい。井上尚弥のベルトコレクション。キャッチの文字がベルトと被ってるのが残念。

 

マガジン  10-9

 

 

 

カンカンカンカン!!

78-75

マガジンの判定勝ち!!!!

 

 

 

でらボクシングの表紙は、、

勅使河原弘晶×大森将平は燃えたからね。どうしてもマガジン&ビートは世界戦レベルしか表紙にならないからね。

 

 

 

中身は各自で判断しましょう!

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥998 (2020/11/27 19:28:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
フィットネススポーツ
¥978 (2020/11/27 19:28:31時点 Amazon調べ-詳細)

 




【34戦目】マガジン × ビート 表紙対決” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    ファンクラブに入っていないので一般販売に賭ける男です。

    今回は5本のベルトを自慢するモンスターの圧勝かと思いきや、確かにマガジンはスッキリしていていいですね。
    句点のくだりはウケました。目の付け所が違います。

    1. 一般販売も争奪戦になりそうですね。超満員になって欲しいです。

      パッと見、五本のベルト表紙が勝利と思ったんですが、マガジンのモーニング娘。作戦にハマっちゃいました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です