【52戦目】マガジン x ビート 表紙対決 LEGEND x 井岡一翔

【52戦目】マガジン x ビート 表紙対決 LEGEND x 井岡一翔

あした発売!!

月曜日発売なら週刊少年ジャンプと同時に買われるチャンスあるな。まだ月曜日発売なのかは知らんけど。

これまでの戦績

マガジン 18勝31敗2分

ビート    31勝18敗2分

 

 

ゴング!!

 

1R 誰が表紙か?

マガジン→辰吉丈一郎×グレグ・リチャードソン、井上尚弥×オマール・ナルバエス、井岡一翔×田中恒成、具志堅用高×ファン・グスマン

ビート→井岡一翔

 

マガジンのレジェンド軍団は反則スレスレだけど、どれも日本ボクシング史で語り継がれる試合だからな。

 

マガジン 10-9

 

 

 

先月から導入した新システムで2R以降をシャッフル。ルーレットスタート!!

 

 

今月は情報分から。いきなり入力する文字が多いから大変だ。。

 

2R 情報分

マガジン

①インタビュー 井岡一翔、田中恒成

 

ビート

①3年連続4度目のMVP  井上尚弥

②元世界王者の挑戦状 小國以載/木村翔/高山勝成

③日本ランカーはこうみる いま一番ホットなライト級戦線 最強は誰か?

④飯田覚士の直撃トーク 三代大訓

 

マガジンの①は中身が濃そうだけど、ビートの②と③が面白そうな内容だ。高山のターゲットが気になる。ライト級のランカーが選ぶ最強は中谷正義だと思うけど結果を確認したい。

ビート 10-9

 

 

 

3R  意外性

マガジンはMVPの井上尚弥かなと思ったので意外だったが、ビートのスーツ姿の井岡は遥か上を行く意外性だった。

 

ビート  10-9

意識高い系のビジネスマン必読号ですな。

 

 

 

4R  キャッチコピー

マガジン→FIGHT OF THE YEAR “最高の闘い”を選ぶ。+極私的ベストバウト

ビート→余韻はさめない 井岡一翔の「This is Boxing」

 

FOTYとTIB、どっちも好きだ。闘いで闘えラーメンマンを思い出したので、、

 

 マガジン 10-9

 

5R  ジャイジャッジ

水道橋にあった伝説のボクシングバー「GLOVE」元マスターによる独断と偏見でジャッジするラウンドだ。LINEでのやり取りをほぼノーカットで掲載しますw

「ビート、久しぶりのMEN’S NON-NOっすね。やってしまったな笑。私、初めてのマガジンっす。理由は聞くな笑」

 

マガジン 10-9

しかし、ファッションにうるさいマスターも井岡のオシャレっぷりは認めていました。

 

6R  表情

ビート井岡がボクシング雑誌なのにスーツ姿で表紙で普通だったら「良いんですか?」と戸惑いそうだが、一切の迷いなし!あまりの凛々しさにポイント振りそうになったけど、試合中のレジェンドたちの戦うボクサーの表情を選びたいですねー。

 

マガジン  10-9

 

 

7R アンケート

Twitterでどっちがいいかアンケート取って、それを採点に反映させるのだ!ブログ読者の一票が勝敗を分けるかも?!

 136票、ご協力ありがとうございます!ビートがキッチリものにした。最近調子いいね。

 

ビート 10-9

 

 

8R レイアウト

マガジン→上下にロゴとキャッチを白赤で、真ん中に一目でボクシングと分かる写真。文字もクッキリ。

ビート→全体ネイビーっぽいバックにネイビースーツ、白文字でロゴと井岡一翔の文字、金色のTIBは目立つ。ズボンのポケットに両手を入れて裾をマイケル・ジャクソンばりの裾丈が分かるのもいい。井岡の配置が真ん中じゃないのは、王道より少し逸れた独自の道を歩む唯一無二の感じを表現したのだろうか。

 

長々とビートについて書きましたが、一目でボクシング雑誌と分かる方を選ぶ、

 

マガジン 10-9

 

9R  ヘッダー

マガジン→井岡一翔、田中恒成が語る「12.31決戦」のすべて

ビート→この男たちに注目!ミニマム級からヘビー級まで「国内全階級ウォッチング」

 

全階級シリーズは簡単な紹介と選手名の羅列で終わりそう。井岡、田中が語る内容が本人たちのYouTube以上の内容を引き出すことにきたいして、、

マガジン 10-9

 

10R 女子目線

ワイフと娘に雑誌名を隠して直感で最近は見る目が育ってきて隠してもどっちか分かるようになったので、普通に見せて、どっちが良いか聞いてポイントを割り振るラウンド。

ワイフ「ビート、TIBのキーワードがカッコイイから」
娘「ビート、スーツ姿が似合っている」

ビート 10-9

やはり女子はカッコ良さ重視なのか…。

 

 

 

カンカンカンカン!

96-94

マガジンの勝ち!!

 

シーソーゲームでどっちが勝つか全然分からなかったな。ビートのファッションシリーズは好きなんだけど、どうしても”ボクシング雑誌とは”という固定観念に捉われ厳しいジャッジになっているのかもしれない。

 

 

 

でらボクシングの表紙は2.11 LEGENDだ。

専門誌は触れづらそうなところに斬り込みますよ。第二回があるかも分からないし。。

 

 

 

マガジンで最高の闘い(かなりマニアックそう)、ビートからはビジネスのイロハを学べそうだ。セットで購入ですね😉

created by Rinker
¥1,150 (2021/09/20 07:32:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥980 (2021/09/20 07:32:03時点 Amazon調べ-詳細)
さよならー

【52戦目】マガジン x ビート 表紙対決 LEGEND x 井岡一翔” への2件のフィードバック

  1. 女子はBEATでしょうね〜
    一方マガジンは昭和でもおかしく無い(笑)
    私はBEAT電子版を定期購読してるので、井岡のファッショニスタぶりを堪能するとします(笑)

    1. インタビューで井岡が「ボクシングはヴィジネスです」的なことを言ってたら面白いですね。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です