井岡一翔の次戦の相手になりそうなフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアを調べた

井岡一翔の次戦の相手になりそうなフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアを調べた

WBO世界スーパーフライ級王者 井岡一翔の次戦が決まりそう。WBOが同級2位のフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアとの対戦指令を出したからだ。昨年末の大みそかの最高試合からタトゥーや薬物疑惑でリング外の話題ばかりだったから、ようやく井岡の試合が見れるのは嬉しいです。今月30日まで交渉期間が与えられ、合意しない場合は入札。

本当は他団体王者との統一戦がしたかったと思うが、WBAスーパー&WBCフランチャイズ王者のファン・フランシスコ・エストラーダローマン・ゴンサレスとのラバーマッチ、さらにシーサケット・ルンビサイ×カルロス・クアドラスのWBC正規王者決定戦の勝者と対戦が義務付けられている。いわゆる「WBCスーパーフライ級トーナメント」だ。確かに面白い試合になるだろうけど、なんでもありですなー。

IBF王者 ジェルウィン・アンカハスはPBCと契約したので、大手プロモーションと契約していない井岡との対戦は「ビジネス的に旨味がない」とアンカハスのプロモーター ショーン・ギボンズがインタビューで答えていたので、こちらも先になりそう。

ということで、2位のロドリゲスをしっかり仕留めて次に繋げるしかない。統一戦を狙うならアメリカ開催、ビッグマッチのセミファイナルとかで試合した方が良いのかも。アメリカだったらタトゥーでとやかく言われないし。

 

 

ロドリゲスの戦績をチェック。

”Chihuas”

Francisco Rodriguez Jr

https://boxrec.com/en/proboxer/549253

34勝(24KO)4敗1分

 

元WBO & IBF世界ミニマム級王者で、ニックネームの”Chihuas”は「チワワ」という意味です。4敗は、6回戦のとき1敗、次はロマゴン、ドニー・ニエテス、モイセス・フエンテス(田中恒成・比嘉大吾と対戦あり)。最後に負けた2015年12月からは負けなしの15連勝だ。スーパーフライ級では負けてない。日本人選手とも2人戦っている。

 

 

vs戸部洋平

Francisco ‘Chihuas’ Rodríguez vs Yohei Tobe

 

 

vs高山勝成

Rodriguez vs Takayama pelea completa 09.08.2014

 

チワワという可愛いニックネームとは裏腹にラッシュのとき獰猛だ。詰めながら上下に打ち分けてボディー打ちが印象的。パンチはありそう。スピードとテクニックはそんなに感じないけど、ガード硬いし頑丈で厄介なタイプかも。でも井岡なら問題ない相手だと思う。

 

 

JBCは試合までに井岡が納得いく謝罪をして試合に集中できるようにするべし!

続報を待ちましょう。さよならー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です